お買物ページ
TOPエッセンシャルオイルE−Conオリジナルブレンド精油キャリアオイルアロマウォーター手作りコスメ基材クレイ
はじめてさんセット容器・遮光瓶等アロマペンダントアロマミスト
情報のページ
ご注文・お支払い方法E−Conceptionとはアロマテラピーの基本アロマテラピーもっと敏感肌・アトピっ子の部屋
特定商取引に基づく表示店主のオススメコスメライフ
精油で作るNatural Perfumesアロマな家事いろいろ
ボディトリートメントアロマティック・ヘアケア妊娠中のアロマテラピー
カートをみる


日刊!アロマテラピー エッセンシャル

目次に戻る


【ウォーターでニキビケア】

オイルってニキビに悪そうな感じがするけど。。。?というご質問がありました。
私は自分が脂性肌ではないので実感がわからないのですが、ベタつくのはイヤだ〜、という声はよく聞きますね。

でも大丈夫。
精油を適用する方法はオイルだけではありません〜♪
キャリアオイルをベースにしなくても大丈夫。
(脂肪酸オイルなど、ニキビ肌によいものもあるんですが。。。また今度)

アロマウォーターという精油を抽出する際にできる副産物であるところの、芳香蒸留水をベースにしたり、ジェル
いうさっぱり基材をベースにする、という方法もあります。

特にアロマウォーターにちょっぴりグリセリンを混ぜて、そこに精油を加えて作る、スキンローションは脂性肌さんに
もオススメです。
皮脂が出すぎることの理由の一つに、水分が足りない、というのがあります。

本当は肌が乾燥しているから、皮脂が多く出ているのに、脂性肌だと思いこんでサッパリ系のケアを続けている為
に、余計に肌が乾燥し、さらに少ない水分を保護しようとして、皮脂が出続ける。。。という悪循環。
(全ての理由ではありませんが、見落としがちな理由かも。)

だから、まずは充分に保湿してあげると良いんです。保湿は美肌の基本〜♪
アロマなローションなら、肌も清潔に保たれて一石二鳥。
例えばこんなの↓

 ☆ローズマリーウォーター    50ml
  (他にもラベンダーなど、お好きなものでOK)
  ベジタブルグリセリン     ちょっぴり
  (少し入れることで、保湿力が高まります)
  無水エタノール        2〜3ml
  (精油を希釈するとともに、さっぱり感もでます)
  ジュニパーベリー       1滴
 
この程度のもんが、そんなにいいの〜?って思いました?
ホンモノはいつもシンプルなんですの。。。続きはあ・し・た♪

目次に戻る
**********************************************

【ジェルでニキビケア】

さて、ウォーターの次はジェルですよ〜。
ジェルには、ミネラルジェルアロエジェルとがありますが、アロエジェルには、それ自体アロエの消炎作用が望める
うえ、使い心地も良いので、肌に合うようなら、オススメしたいと思います。
(たま〜に、アロエが合わない場合もあるので。)

オイル分のキープ力も高いので、乾燥肌さんにもオススメできます。(ヤスミンの愛用品♪)
 
で、ニキビ肌さんには、例えばこんなの。。。(わりとサッパリタイプ)

 ☆アロエジェル      30g
  リポゾーム        3mlくらい
  ホホバオイル       2mlくらい
  ローズマリー・シネオル  1滴
  ジュニパーベリー     2滴

もう少し保湿力も高めたいな。。。という時には、グリセリンもちょっぴり入れてみてください。
また、2mlとか3mlって、計れない〜(;;)という方がいらっしゃいますが

 ・・・「適当」という美しい日本語を時に思い出してみませう。。。

もちろん、アロエジェルの代わりにミネラルジェルでもOKです。
ミネラルジェルは、クレイの一種が水分を含んでジェル状になっているものなのですが、肌に適用すると、キュッと
しまるような感触があります。

お好みで選んでくださいね〜♪

ニキビ肌でお悩みの方、参考になりましたでしょうか。。。?

精油の中には、ニキビの跡もきれいにしてゆく力を持っているものも。
(とくにラベンダーやティートリー。これらも肌を清潔にしてくれるので、ニキビ用スキンケア精油とブレンドすると、
相乗効果が望めますよ^^)

毎日アロマってる間に、少しずつ生まれ変わってゆく肌を楽しみに見ていてくださいね〜。

目次に戻る
**********************************************

【アロマとお散歩】

さて、アロマでリラックスといったら、芳香浴かトリートメントか、ですね。

でも本日の私のように、ちょっと街まで美術館に行きますの。。。なんて時にも、リラックス&インフルエンザ予防に、
香りちゃんもお供させていただきたいものです。

最も原始的。。。いえ、オーソドックスな方法として、女性ならブラジャーの隙間に精油を1〜2滴たらしたティッシュ
かコットンを挟む、という方法があります。

素肌に精油がつかないように気をつける必要はありますが、これがまた簡単に香りを持ち歩けるよい方法です。
季節的には、もう少し薄着の季節の方が香りやすくはありますが、上着を脱いだ瞬間とか、ふと動いた時などに
鼻先にふわん♪とくる感じがGooです。

も少し進化した持ち歩き方としては、アロマペンダントに精油を仕込んで、身に付けていく、という方法も。
シルバークレイ製のレースのような美しい仕様のペンダントなんて。。。 とっても、お・しゃ・れ♪

そんなヤスミンもご愛用アロマペンダントにいただいたご感想はこちら〜

インフルエンザ流行中の現在、ユーカリラベンダーベルガモット等、殺菌力の高い精油を瓶ごと携帯して、
適宜ペンダント、もしくはプラジャーに仕込み直される事を強くオススメいたします。。。っ。

そして、ほんのり癒されながら、楽しくお散歩いたしませう。

目次に戻る
**********************************************

【現実への帰還】

月曜日。。。現実逃避から現実へカムバック。 本日は、私、自分のために書いてます。

やらねばならないことがあるにも関わらず、手をつけるのが面倒な時、他事をしながらも心の片隅には懸案事項
がひっかかっていては、なかなか集中はできないもの。。。

・・・だったらサッサと片付ければ良いんですが。

その気分を作るために、アロマを利用いたしましょう♪ ここはやっぱり芳香浴。

 ☆ジンジャー     1滴
  パチューリ     1滴
  ブラックペッパー  1滴

サイプレスとかも良いんですが、ビシィッと加減が、こっちの方が好き。(主観ですからね。。。^^;)
やさしいけど、言うこと聞かせちゃう先生がサイプレスなら、ちょっと強面で、言うこと聞かざるを得ないような気分
にさせてくれるのがジンジャー。

胃が弱ってる時に生姜(ジンジャー)を食べて食欲を刺激することを、ジンジャーアップと言いますが、それと同じこと
が精神にも作用します。
要するに、たるんだ脳みそとココロをジンジャーアップ!

パチューリにも、ゆるんだ気分を引き締める働きがあり、ブラックペッパーはジンジャーとの相乗効果で、これまた
ピリリッと刺激を与えてくれます。

さぁっ、今日中になにか片付けねばならない皆様、こんな感じで元気にゆきましょう♪

・・・わたしもがんばれぇ〜〜〜。。。

目次に戻る
**********************************************

【桃の節句の芳香浴】


ちょっと気が早いけど、早めに書いておかないと読む人が間に合わないかもしれないので〜、ひなまつりの香り。

ひなまつりって、桃の節句。
「女の子」じゃなくっても〜、春の訪れを感じて楽しい日でもありますよね♪

3月って、まだまだ寒いけど、やっぱり気分はかなり春。
そんな春のまったりワクワク感(相反してる?^^;)をアロマで表現してみました。

芳香浴するのもよし、お風呂でゆっくり楽しむのもよし。

 ☆桃の節句の芳香浴ブレンド

  ローズウッド        2滴
  オレンジ・スウィート    2滴
  イランイラン・コンプリート 1滴
 
ローズウッドの可愛らしさが、ひなまつりにぴったり♪
春がまだ顔をのぞかせたばかり。。。という初々しさを表してます。
イランイランで、まったりと気だるい春らしさも少し。

色々と慌しいことも多い3月ですが、たまにはこんな芳香浴で、のんびりとくつろぎながら、面倒なことを片付ける
意欲をチャージしましょう。

ローズウッドは、心地よくリラックスさせてくれると同時に、心を励まして「がんばれぇ〜」って元気づけてくれる香り
なんです。。。♪
 
芳香浴しながら、ひなあられ食べて、甘酒飲んでまったりしたら、さぁて、春本番に向かって、力まず慌てず。。。
ゆきましょう。(慌てるとロクなことないですもんねぇ。)

目次に戻る
**********************************************

【寒い時もデオドラント】

読者さまからのご質問シリ〜ズ。てけてんてん♪
本日は、デオドラントスプレー。
夏っぽい話題ですが、室内にいるとけっこう汗をかくもの。。。
上着を脱いだ時とか、ちょっと気になっちゃうこと、ありますよね。

で、私も経験ありますが、肌の弱い人には脇の下のケアって悩みのひとつ。脱毛や除毛をするせいもあって、
肌が荒れやすいんですよね。。。

アロマなデオドラントケアなら、お肌をいたわりながら、気になるニオイも優しくカバーしてくれます。

 ☆ゼラニウムローズウォーター 30ml
  無水エタノール       10ml
  ラベンダー・トゥルー     2滴
  ベルガモット         2滴
  GSE(天然保存料)     2滴

上記のゼラニウム、ラベンダー、ベルガモットは、デオドラントケアには、適した香りちゃんです。
他にもたくさんありますが、華やかな香りも一緒に楽しめるよう選んでみました。

 GSEというのはグレープフルーツの種から抽出された天然の保存剤。
 携帯するには、入れておいた方が安心です。

もう少しサッパリした香りにしたい時は、ティートリーウォーターにサイプレスレモングラス、なんてのも良いですよ♪
 
普通にスキンケアローションを作る時よりもエタノールの量を増やしているのは、消毒の働きを期待するのと、サッパ
リ感を高めるためです。
しっとり感もほしいなぁ。。。という時には、グリセリンも適量加えてみてください。

また、スプレー式でなくても、ミネラルジェルを基材にして、精油を混ぜるだけでも、塗るだけカンタンデオドラント
ジェルができちゃいます。 参考までに〜♪

目次に戻る
**********************************************

【くちびる、るるる♪】

「さる、るるる」というようなタイトルの五味太郎さんの素敵な絵本がありましたけど、特に関係ありません。。。

読者さまからのご質問シリ〜ズです。てけてんてんてん♪

  「私は唇の皮がめくれやすいのか少しでもリップを欠かしてしまうと、
    数時間後には唇全体がとんでもない事になってしまいます」

との事。それは大変っ。市販のリップクリームもいまひとつだそうで。。。

ところで、唇の皮というのは胃が疲れていると、めくれやすくなります。
ちょっと食べ過ぎだな、とか、最近胃が弱ってるな、という自覚があれば、まずは胃を休めてあげることが大切。

食べる量を減らし、おやつをガマンし、刺激物を控え、コーヒーやお茶よりも、白湯を飲むようにします。
(ハーブティーもOK。) もちろん食事は野菜中心で、しつこいほどよく噛んで食べます。
それだけでも数日経つと、随分調子よくなりますよ。(べんぴまで治っちゃったりして。。。^^)

その間は、アロマトリートメントで、胃部もやさしくトリートメント♪ (濃度2%)

 ☆スウィートアーモンドオイル  10ml(お好みのものでOK)
  マジョラム・スウィート     2滴
  カモミールローマン       2滴
 
胃の不調を整えるアロマは、いろいろありますが、とてもリラックス作用の高い、精神的にもゆっくりとくつろぐ事が
できるブレンドです。

胃の不調はストレスからきている事が多いので、これなら一粒で二度美味しいですよねぇ。。。♪

で、肝心のリップケアは明日です〜〜〜。(何事も下ごしらえが重要。)

目次に戻る
**********************************************

【くちびる、ルルル♪】

胃の調子がよくなるだけでも、随分唇はキレイになりますよね。。。これは、胃弱ヤスミンの体感でもあります。
(わかってんのに、何度でも後悔するいやしんぼですが。。。)

その上で、乾燥に負けないようにしっとり潤してあげると、唇はちゃ〜んとつるりん♪でいてくれます。

 ☆敏感な唇にもやさしぃ、リップクリームの作り方
 
  ビーワックス          2g
  シアバター           2g
  ホホバオイル          2ml
  カモミールローマン3%ホホバ  1ml(約20滴)

すでに3%濃度にされているものを上手く利用することで、少量でも、精油濃度の低い安全なリップクリームが作れ
ます。

まずは、一番溶けにくいビーワックスを湯煎にかけ、とけたらシアバター、ホホバオイルを加え、よく混ざったら火を
止めて、カモミールローマン3%ホホバを加えてよく混ぜます。

充分混ざって粗熱がとれたら、リップクリームケースに流し込み、冷めて固まればできあがり♪

作りやすくするために多めに作った時は、別の容器に入れておけば、ハンドクリームとしても使えます。
・・・ていうか、全身どこでも乾燥する場所に使えます。(シンプルな手作りコスメの美点です ^^)

冷蔵保存しないので、なるべく早めに使うようにはしましょう。。。♪
(このままアイクリームにもなるので、夜のお手入れ時には、目の下に塗ることもできますよ。いろいろ使いまわして
ください^^)

目次に戻る
**********************************************

【ジャスミン!】

ジャスミン」について、書いたことってあったでしょうか。。。?
 (自分でバックナンバー見ても、もう全然わかんない ^^;)

ジャスミン。。。それは、私のレスキューアロマのひとつ。
「ヤスミン」という名前も「ジャスミン」を女の子名にしたものなのよ〜。
だから、とってもお気に入りってことです♪

「だけど涙が出ちゃう。。。だって女の子だもん」みたいな気分の時って、誰しもあると思うんですが(軽〜く、ついて
きてくださいねぇ。。。)

そんな風に、ワケもなく憂鬱な気分に覆われそうになる、ある夕暮れ時など(昼下がりでもOK)ふと手を伸ばして
くんくんしたくなるものです。。。
女性にはホルモンのアンバランスのせいで、そんな気分になることが多いのですが、ジャスミンの香りは、そんな時
にもお役立ち。

温かくて甘い香りが、冷たく沈んだ心を温めて、ゆっくりと浮かび上がらせてくれるんですね。。。
静かな高揚感と言いますか。

逆にイライラしているような時には、この重さのある香りが、心をやさしくなだめて落ち着かせてくれます。。。

また、ジャスミンは、ローズと並んで女性の味方。

お腹はイタイし、気持ちはブルーだしっていう生理時には、ちょっと贅沢にジャスミンでトリートメントしてみましょ。
心もお腹もほんわりと温まって、ラクになりますよ〜。

 (生理痛に、ちょっと贅沢リラックストリートメント)
 ☆お好きなキャリアオイル 10ml
  ジャスミンAbs     1滴
  ベルガモット       2滴

ベルガモットはとっても相性のよい精油。ジャスミンだけでも良いのですが、こちらも気持ちを明るくしてくれるので
ブレンドするならぜひ一緒に♪
 
目次に戻る
**********************************************

【クラリスの香り】

昨日、生理痛の時のトリートメントにジャスミン、と書きましたが、これはかなり贅沢バージョン(^^;
なかなか使いたくっても、バンバン使える精油じゃありませんもんね〜。
ちなみにローズも良いのですが、これもそうそう毎日使えませんね〜。

では他になんか良いものは?

何種類かありますが、一番のオススメは、女性に優しいクラリセージ
こちらは、ホルモンのバランスも整えてくれると言われ、女性の不調にまず選ばれる精油です。

・・・私は勝手に「クラリス〜」と呼んでますが、正式名称ではありませんので、ご注意くださいね〜。
(いつものことなので。)
 
クラリスは、そんなに華やかな香りではありませんが、とても静けさに満ちたやさしい〜ぃ草の香り。

・・・ものなつかしい気分になる、遠くにほんのり甘さを感じる香りです。

生理の時って、ボ〜〜〜っとするものなんですが、そんな時はムリしないでそのままボ〜〜〜っとしてる方が、
生理痛はラクになるんですよね。

でもなかなかそんなわけにもいかなくて、緊張状態のまま仕事などしているものだからツラいんです。。。
(実は今日の私。。。)

だから少〜し、緊張した体や頭をゆるめるためにも、クラリスはとっても力になってくれるんです。
がんばった1日の終わりに、そっとクラリスを隣に呼んでみましょう。。。

 というわけで(^^;続きは、あした〜♪

目次に戻る
**********************************************

【クラリス・トリートメント♪】

クラリス。。。そう、クラリセージは、精油の中でも、とっても鎮静作用の高い精油のひとつです。
車を運転する前には使ってはいけないよ〜、とも言われています。
例えば、アロマのサロンでトリートメントをしてもらう時も、車でお店まで来ているのなら、選ばない方が安全。
(ホントに途中で眠た〜くなることがありますよ。。。)

それから、女性ホルモンのエストロゲン様の作用もあると言われているので妊婦さまはお使いになれません。。。

以上を踏まえて、心からくつろぎたい時、生理痛でツラい時、どちらの場合でもお使いいただけるトリートメント。

 ☆セントジョーンズワート・オイル 5ml
  マカダミアオイル        5ml
  クラリセージ          2滴
  ラベンダー・トゥルー      2滴

セントジョーンズ・ワートは、「痛み」がある時のトリートメントに役立ちます。
腰痛や肩こりの時のトリートメントにもナイス。(日に当たるとシミになる怖れがあるので、その点は注意!)

ラベンダーは、これまた鎮静作用が高く、痛みを和らげる働きもあるので、クラリスとブレンドすることで美しいハーモ
ニーを奏でます。。。♪

ちなみに、ラベンダーは少量月経の方にも適してます。逆に多すぎて。。。という方は、サイプレスをブレンドしてみま
しょう。(もちろん異常を感じる時には病院へ。)
 
そうそう、サイプレスもまた、女性にはお役立ちの精油です。。。

 続きは、明日〜♪

目次に戻る
**********************************************

【働きもんサイプレス】

女性の不調にクラリセージ。。。これはけっこう知られたところ。

でも昨日チラッと出てきたサイプレス、このコも実にお役立ちなのです。
さっぱりとしたウッディーな香りは、ルームコロンにしたりアロマポットで芳香浴を楽しむのにも適してますが、ぜひ
アロマトリートメントでも♪

卵巣機能を整え、ホルモンのアンバランスを正すとも言われており、女性にはとても優しい精油なんです。
そして、最も大きな特徴が強い収れん作用。
体中の過剰な体液を正常に戻すよう働いてくれるんですね。。。

なので、昨日のレシピのように重すぎる月経で悩んでいる場合には、サイプレスを使ったトリートメントを試される
と良いわけです。
 
また、手足に汗をかきやすくてイヤだなって悩んでいる方にも使える精油。(汗もまた体液ですもんね。)
さらに、デオドラント作用もあることから、汗を抑えるとともに、気になるニオイ対策もできます。
 
例えば。。。(さっぱりデオドラントジェル)

 ☆ミネラルジェル 20g
  サイプレス    4滴
  レモングラス   2滴
  ベルガモット   2滴

腋の下、足裏などに使えます。オイル分を入れないのでサラッと使いやすいですよ〜。
それぞれデオドラント作用がある精油です。香りもスッキリ♪

働きもんはまだ続きがあるので、また明日。。。(^^)v

目次に戻る
**********************************************

【働きもんサイプレス2】

数ある精油の中でも、けっこうリーズナブルで使いやすい精油サイプレス
月経の不調やデオドラントに使えるだけでなく、気になるむくみを引き締めたり、気になるセリュライトをなんとか
したり、気になる脂性肌のケアにも使えちゃう。。。(女の子は気になるところがいっぱい〜♪)
 
 (むくみ解消引き締め&セリュライトトリートメント)
 ☆センテラオイル  10ml
  サイプレス     2滴
  グレープフルーツ  2滴

グレープフルーツにはリンパ系を刺激して余分な水分や老廃物質を排出する働きがあると言われ、ブレンドする
ことで相乗効果が望めます♪
香りも爽やかで、す〜〜〜っと疲れがとれる感じがしますよ。。。(^^)

そして、女性だけでなく、男性も含めて脂性肌さんのスキンケアにもお使いいただける精油のひとつ。
収れん作用でお肌を引き締めてくれます。

 (例えばこんな、さっぱりローション)
 ☆ローズマリーウォーター 95ml
  無水エタノール        5ml
  サイプレス          1〜2滴

さっぱりしすぎてるようでしたら、グリセリンリポゾームを少々入れるとしっとりしますからお好みで。
前述のようにデオドラント作用もありますので、暑い季節になればハンカチにスプレーしてお顔を拭くのにもいい
ですよね♪ 汗っかきさんには特にオススメです。

また、サイプレスの収れん作用は心のゆるみにまで働きかけます。。。
ついダラダラしちゃう時、なかなか気力がわかない時、物事に集中できない時には、サイプレスの香りとともに
ゆっくりと深呼吸。。。

心を落ち着かせて、物事に取り組める気分にさせてくれます。。。
 
 ・・・なかなか働きもんでしょ?サイプレス。(^^)

目次に戻る
**********************************************

【微熱少女にペパーミント】

普段、体温はそんなに高くないどころか、しもやけができるくらいなので、体温計がなくても、微熱くらいはあるか
どうかわかりますっ。(いばれないけど。。。)
 
で、ちょっとぼぅっと熱っぽかったので、こんな感じも久しぶりね〜♪と、ゆっくり楽しんでいたいような気もしたん
ですけど、仕事は待ったなしなので、とりあえずアロマさまで対処。

 (熱っぽい時の冷却ジェル)
 ☆ミネラルジェル 5g
  ペパーミント  1〜2滴
  
肌刺激がやや強いので、普段なんでもない時にパッチテストしておくと良いですよ〜。(ていうか、必ずしましょう。)

冷蔵庫でヒンヤリ冷やしたミネラルジェルに、ペパーミントを混ぜ混ぜしておでこ、こめかみ、首のうしろ、後頭部
(生え際辺り)、胸元に、すりすりと塗りこみます。

びっくりするほど「ヒヤ〜〜〜っ」として、気持ちよいこと。。。♪

ただ、冷やすだけでなく正しく発汗させることによって体温を下げる働きがあるので、ホントは、フトンをかぶって
寝ているのが正しい対処法です。

また、熱があると頭痛も伴うものですが、ペパーミントは頭痛にもよい精油。
この点でも、風邪で発熱した時には役に立ってくれます。

おとなしく寝ていられる時でしたら、冷たい水にペパーミントとラベンダーを合計で3滴ほどたらしてタオルを浸し、
冷湿布にしておでこにのせておくのも良いですよ(^^)

そして、ペパーミントは消化器系にもとても良い精油ですので、胃腸に風邪の菌が入っちゃった時には、腹部にも
上記のジェルを塗っておくと良いでしょう。
 
ちなみに筋肉痛にも良いので、風邪特有の筋肉の強張りにも。

そんなわけで、なかなか使えるペパーミント♪思い出してあげてね〜。

 ●注意●
 残念ながら、最初にも書きましたように、刺激の強い精油ですので、小さい
 お子さまや、妊娠中の方はお使いにならないでくださいね。。。

目次に戻る
**********************************************

【消臭便利スプレー】

読者さまからのご質問シリ〜ズ。てけてんてん♪

本日は。。。お部屋に染み付いたダンナさまのオヤジ臭(加齢臭)をなんとかしたい、というご相談をいただきました。
フ○○リーズみたいなのをアロマで作りたいということで。。。

 ・・・オヤジ臭の強度はどれくらいかしら。。。ムリだったらごめん。。。

って言いわけしつつ。。。努力してみませう(汗。)

お肌には使わないという前提で、ちょいと濃度高めです。
(たくさん使うから、効果的だけどリーズナブルな精油をチョイス。^^)

 ☆無水エタノール         20ml
  精製水             30ml
 (もしくはアロマウォーター) 
  ユーカリ・ラディアタ      30滴
  レモングラス          20滴
 
お肌に当たると、肌刺激強いですから注意してスプレーしてください。
レモングラスは色のある精油ですので、その点が気になる場合は、代わりにジュニパーベリーペパーミントなども
オススメです。

こちらは、トイレや玄関にもシュシュッとすると、とっても爽やかな香り♪

また、まだまだ風邪やインフルエンザのウィルスが元気なこの季節、このコたちは、ともに空気を浄化してくれるの
で、家族の健康にもお役立ち。こまめにスプレーいたしましょう♪

さらに、このままオヤジ除け。。。じゃなくて虫除けスプレーにもなってしまいますので、なんとも重宝なスプレーです。
作って損はないですよ〜。

え〜、さらにダンナさま用のデオドラントスプレーも、というご要望でしたが、基材はジェルにした方が効果は長持ち
するような気がします。
3/9のメルマガレシピがオススメですので、ご覧になってくださいね〜。

つい最近ご紹介したサイプレスは、男性向けのデオドラント精油としては、イチオシですよ。
男性でも違和感を感じない香りです。参考までに。。。♪

目次に戻る
**********************************************

【回復期トリートメント】


風邪っぴき真っ最中、もしくは予防には、ラベンダーやら、ユーカリやら、ベルガモットやらでトリートメント。

でも、そろそろ風邪菌はおとなしくなってきたから、体力つけたいな〜って感じ始めると、自然に別のものでトリート
メントしたくなります。
病み上がりヤスミンが、2日ほど前から気に入って使ってるのが、これ。

 (元気だしていきましょ〜、トリートメント)
 ☆マカダミアオイル  10ml
  キャロットシード   2滴
  ジュニパーベリー   2滴

ふか〜くスモーキーな香りが、なかなか魅力的な組合せ。
いかにもアロマテラピ〜♪な華やかな香りとは対極ですが、複雑な奥深さを感じます。
とても落ち着いた独特の香りになりますので、好きな方はハマりますよ〜♪

この2つは、ともに肝臓を強壮する精油と言われ、また心と身体を浄化する精油であるとも言われています。
(「浄化」というと、ジュニパーベリー♪ですが、キャロットシードもそうなんですよ〜。地味だけどいいコなのよ〜。)

ジュニパーベリーの老廃物を排出させる働きと、キャロットシードの赤血球を増やして身体を元気付ける働きとが
相まって、病み上がりでエネルギーが落ち込んでいる時には、とてもよいトリートメントなのです。

とくに病後でなくっても、なんとなく体力低下を感じたり、お酒をよく飲む方で、肝臓が気になってる方にもオススメ
ですよ。 肝臓部分を温めるように、塗り塗りしてください。

スモーキーでシックな香りは、単にリラックスさせるだけ。。。というよりは、ストレスを和らげながら、心を元気づけて
くれるような、静かで力強い香りであるようにも、感じます。。。(^^)

目次に戻る
**********************************************

【平和な朝に】

お客さまから、ご相談シリ〜ズ。タンタララン♪
 (決して手抜きではないんです。。。ヤスミン、いつもいっぱいいっぱい)

実は、教えて欲しいことがあるのですが、今年64歳になる父は、毎朝妹を車で10分程離れた職場まで送っている
のですが、最近運転が荒く、事故りそうになるそうです。
父曰く「妹がギリギリにしか家を出ないので、イライラする」そうで。
こんな父に車中でさりげなく香ってくれる、アロマスプレーのブレンドを教えていただけないでしょうか? 
・・・その前に妹が早起きして、車の中で化粧せずに職場に行けよ(−−;)って、言っても聞かないんですけどね。
 (沖縄県 Y.Tさま)

こんな「家族の肖像」が大好きなヤスミンです♪ 情景がくっきりと思い描けて、ほのぼのいたしますね。。。

でも、お父様が事故ったりしたら大変!イライラ鎮めていただきましょう。
というわけで、まずは妹さんの早起きのお手伝い。

 ☆枕元に早起きアロマ
 
Y.Tさまにはアロマテロリストと化していただき、これらの精油を配合したルームコロンを、妹さんの寝室にぷしゅ
ぷしゅスプレ〜〜〜♪ ついでに洗面所やリビングにもぷしゅぷしゅ〜♪
寝起きの頭をクリアにし、活動的な気分にしてあげてください。

 ローズマリー・シネオル 
 レモン
 ペパーミント

で、速やかに目を覚ましていただいた後、お父様の車のルームコロンには、これらを配合。
明るくHappyな気分にさせてくれる、朝にぴったりの香り。
鎮静させすぎると別の意味で危険ですから、これくらいがよろしぃかと。

 グレープフルーツ
 レモン
 ローズウッド

それぞれ、無水エタノール10mlに精製水40ml、精油は合計で20〜50滴程度、お好きなバランスで入れていた
だければOKです。
とってもアバウトですが、お好みでど〜ぞ♪

心穏やかで平和な朝を迎えられますことを、心から祈っています。。。(^^;

目次に戻る
**********************************************

【痛みにアロマなお手伝い】

今日もまた、ご質問シリ〜ズ。痛いところがある方に。。。
(ちょっと迷いましたが、メルマガネタにさせていただきました。)

 ☆
 私は今、座骨神経痛に苦しんでいます^^;
 整骨院に通ったり、体操をしたりしているんですがなかなか痛みが取れなくて・・・。
 せっかくアロマをやっているのだからアロマの力も取り入れてみたいのですが座骨神経痛に効くアロマというの
 があまりよく分かりません。
 検索してみると、ジュニパーが良いとあったのですがこれだけではなくて、きっと他にもありますよね?
 ブレンドすればより効果が期待出来るのではないだろうかと思うのですが、どうでしょうか?

 
念のために申しますが、精油はクスリではありません。。。
なので「これが効くよ」なんてことは、軽々しく言えませんので、その点はご了承くださいませ。
(試す時には、自己責任にてお願いします。)

でも、ツラさを軽減する為に、良いと言われるアロマはいくつかあります。
ジュニパーベリーが良いとされるのは、体内の老廃物(尿酸やその他毒素)を排泄する働きがあるからです。

合わせて使われるのでしたら、筋肉の痙縮を鎮めるカモミールローマンや、サイプレス、それから痛みを鎮める作用
があると言われるローズマリーや、ユーカリレモンなども、良いでしょう。

また、痛みを鎮める他の精油には、ジンジャーペパーミントもあります。
 
ピンとくる精油を2〜3種類ブレンドしてトリートメントしたり、冷湿布、または温湿布で試してみてください。

病院での治療と並行してアロマの力も借りることで、少しでもツラさが軽減されると良いですよね。。。(^^)
 
目次に戻る
**********************************************

【メリッサ〜。。。】

つらい時〜。ヤスミンがけっこうツラい時〜。
とっておきの精油、それが「メリッサ」。

体調が元通りになりそうでならない今日この頃、あれやこれやとアロマってますと、「今日はちがう。。。これじゃ
ない〜」とか、なんとなくわかってくるんですけれど、2日前、かな〜りツラかった時はやっぱりコレでした。

 ありがとうメリッサ♪

香りがレモンっぽいのに、他のシトラス系みたいにリーズナブルではないものですから、今ひとつ利用頻度が低い
精油かな〜、と思うのですが、単なるシトラス系(カンキツ類ではないんですよ。葉から抽出される精油です。)
とは一線を画したパワーがあります。

まずは身体がツラい時。。。胃の不調には、オレンジやレモンと同じように消化を促進してくれて、また軽い吐き気
も鎮静させてくれます。
また、頭痛と熱っぽさも緩和してくれます。

 ・・・ヤスミン、実感(昨日もお世話になりました。)

心臓に対しては、強壮作用を示すと言われ、血圧や心拍数を正常に戻してくれると言われています。
さらに、月経痛や月経不順を正常化する子宮強壮作用もあるとか。
(なので、妊婦さまはお使いになれません。。。)

そしてまた、抗アレルギー作用のある精油でもあるので、刺激が強い精油である点に充分注意した上で、うまく使う
ことも可能です。
濃度は0.5%〜1%くらいで、必ずパッチテストはいたしましょう。。。

 続きは、またあ〜した〜。。。(メリッサくんくん。。。)

目次に戻る



お買物ページ
TOPエッセンシャルオイルE−Conオリジナルブレンド精油キャリアオイルアロマウォーター手作りコスメ基材クレイ
はじめてさんセット容器・遮光瓶等アロマペンダントアロマミスト
情報のページ
ご注文・お支払い方法E−Conceptionとはアロマテラピーの基本アロマテラピーもっと敏感肌・アトピっ子の部屋
特定商取引に基づく表示店主のオススメコスメライフ
精油で作るNatural Perfumesアロマな家事いろいろ
ボディトリートメントアロマティック・ヘアケア妊娠中のアロマテラピー
カートをみる