お買物ページ
TOPエッセンシャルオイルE−Conオリジナルブレンド精油キャリアオイルアロマウォーター手作りコスメ基材クレイ
はじめてさんセット容器・遮光瓶等アロマペンダントアロマミスト
情報のページ
ご注文・お支払い方法E−Conceptionとはアロマテラピーの基本アロマテラピーもっと敏感肌・アトピっ子の部屋
特定商取引に基づく表示店主のオススメコスメライフ
精油で作るNatural Perfumesアロマな家事いろいろ
ボディトリートメントアロマティック・ヘアケア妊娠中のアロマテラピー
カートをみる


日刊!アロマテラピー エッセンシャル

目次に戻る


「溶剤抽出法」

精油の抽出法で、もうひとつ代表的なのが「溶剤抽出法」。

これは、とても繊細な香りを熱で壊さないために行われる方法です。
この方法で抽出された香りは「アブソリュート(Abs)」と呼ばれます。

第20回のレシピに出てきた、ローズ・アブソリュートもそうです。 この方法で抽出された香りは、と〜っても香り
が強くて濃いので、他の精油を使 う時よりも少なめに、希釈する時も低濃度で充分、と考えてください。
(大抵2mlくらいで売られていますが、それでもかなり使えます♪)

ローズの他には、ジャスミン・アブソリュートもあります。
これらの精油は、お値段もかなり高く。。。まさに「高嶺の花」なのですが、その 魅力は。。。
・・・ちょっと口では言えないわ〜♪
目次に戻る
**********************************************

「アブソリュートの魅力♪」

「口では言えないわ〜♪」などと書いてしまいましたが、書かなきゃメルマガに なりません。。。(^^;

カンタンで、充分これらの香りの恩恵が受けられる使い方は。。。芳香浴です。
アロマポットがなくてもティッシュに1滴。近くに置いておいたり、時々鼻に近づ けてクンクンしたり。。。
しばらく楽しんだら、バックやポーチに入れておいたり、 オフィスなら、引き出しに入れて少し開けておいてもいい
ですね。 かな〜り、香りが長く保つので、1滴でも随分長く楽しめるんですよ。

ローズにもジャスミンも、心に対する働きかけは共通するものがあります。 とくに女性にとっては。

うまく言葉では言い表せない苦痛、漠然とした不安、年をとっていく事に対する 怖れ。。。
または、強いストレスによる抑うつ状態に、この香りたちは、それは それは優しく、そして強く、励まし、慰めてく
れます。 そんなにひどい心の状態でなくても、「ひとりのわたし」に戻って、ゆっくりとくつ ろぎたい時に、これ以上
の精油はないです。 (これは、あくまで主観ですけどね。。。)

しかもリラックスさせてくれるだけじゃなくて、なんていうのか。。。 「まだまだイイオンナだ!よし行ってこい!
がんばれ!」みたいなところまで、 面倒みてくれるような感じです。(どこに行くのかは知らないですが^^;)
目次に戻る
**********************************************

「日焼してませんか?」

お盆休みも今日で終わり。。。という方も多いと思いますが、海や山でついつい 日焼しちゃったり。。。
してません?
日焼のケアには、ラベンダーです。
火傷がきれいに治った〜、という驚きが精油の研究はじめの一歩となっているくらいですので(フランスの化学
者の方の体験です。)
ラベンダー精油は、日焼 けには、もってこいの精油なのです。

焼けすぎて水泡ができるほどなら、それはほとんど火傷ですので、その部分に のみ原液をつけてもかまいま
せん。
それほどでもないなら、精製水やアロマウォーター(芳香蒸留水)にラベンダー を混ぜてスプレーしたり、布に
浸して湿布にしたりします。

入浴する時にも、ぬる〜いお湯にラベンダーを5滴まで入れるといいですよ。
アロエが肌に合う方なら、アロエジェルにラベンダーを混ぜて塗布すると、アロ エ自体の働きと相まって、さらに
積極的な日焼ケアとなります。

目次に戻る
**********************************************

「ひやけあジェル」

昨日の日焼ケアの具体的レシピ書きま〜す♪

☆ひやけあ(日焼ケア)ジェル、ひんやりぷるるん☆(ボディ用、濃度3%)
アロエジェル        30g
ホホバオイル       小さじ半分くらい
ベジタブル・グリセリン  小さじ半分くらい
ラベンダー・トゥルー    10滴
カモミール・ローマン     8滴

全部よく混ぜて、冷蔵庫保存。保湿もしっかりできますよ♪
顔に使う場合は、精油の量を3分の1以下にしましょう。(顔は敏感です。)

カモミール・ローマンにも、肌の炎症を抑える働きがあります。 ブレンドすることで相乗効果が望めます。
小さいお子さんに使われるなら、カモミールローマンだけで、濃度を低くして作 った方がいいかもしれませんね。
(香りがやさしくて好まれます^^)

目次に戻る
**********************************************

「筋肉痛やら肩こりやら。。。」

ひやけあの後、いきなりどうして、このテーマ?と聞かれてもアレなんですけど、 オリンピック=運動=筋肉痛
ってことで。(単純。) それに、筋肉痛によいアロマは、たいてい皆様お困りの肩こりにもいいです。

要は筋肉の痛みをとったり、血流をよくしてくれたり、リンパの流れをよくしてく れたりするわけですから。
(さらっと言ってるけど、スゴイでしょ?) ここで、ひやけあでも使われたラベンダーがまたまた登場。
これから、ありとあらゆるテーマで顔出しますよ。 それっくらい、万能なのです。

だから最初の1本なんですね。。。

ラベンダーは、「バランス作用」に優れています。 なので、他の精油と合わせて使うことで、その精油の働きを
さらに高めバラン スをとる、という働きをしてくれます。 積極的に混ぜ混ぜしましょう。 で、まず運動後だけでなく
運動前にもケアしておくといいんですよ。。。
目次に戻る
**********************************************

「予防は大事だよ〜」

とくにアロマテラピーは風邪などの感染症の予防に良いと言われますが、筋肉 痛の予防にもちゃんと役立つん
ですよ。
あまり知られてないかもしれませんね?

ここでお役立ちの精油が「ブラックペッパー」。 そう、あの「黒コショウ」の精油があるのです。
香りはたしかにブラックペッパーなのですが、クンクンクンクンクン。。。し続ける と、ほ〜ら、クセになりました♪
この奥にはいったい何があるのだろう。。。?というような面白さのある香りです。

鎮痙作用・鎮痛作用の他、血管を広げ、身体を温める作用もあると言われてい るため、運動前のトリートメント
にオススメされる精油なのです。 運動前トリートメントにするなら、ブラックペッパーに、ローズマリージン ジャー
マジョラム・スウィートなどを合わせるのがよろしいかと。

このブレンドは、そのまま運動後のケアにも使いまわしてもOK(^^)v
キャリアオイルに薄める時の濃度は、1〜3%の間でね♪

目次に戻る
**********************************************

「運動したくなる時」

それは。。。ストレスがたまってる時、だったりしませんか?

体を動かすだけでも、もちろんストレスは軽減されます。 でも、そこにアロマがあれば♪ 相乗効果ですよね。
昨日、書かせていただいた、筋肉痛予防アロマ。
このコたちの香りは、心にも元気を与える「励まし系」の香りなんです。

とくにブラックペッパーローズマリージンジャーは、シャッキリピリッとした香 りで、ストレスで弱った心に
「びしっ」と活を入れてくれます。
マジョラム・スウィートのように温める作用に優れた精油には、体だけでなく心 まで温める働きがあると言われ
ますので、疲れて冷えた心にポッと火を灯し てくれるでしょう。。。

☆体と心をほぐすレシピ例☆・・・濃度2%

キャリアオイル(ホホバ等) 20ml
ブラックペッパー        3滴
ジンジャー           2滴
マジョラム・スウィート     3滴

・・・これもまた、たくさんのレシピ例の一つにすぎません。   いろいろお試しくださいね(^^)

目次に戻る
**********************************************

「運動したら。。。」

筋肉痛になりました。 私の話ですけど。。。(^^;

でも、久しぶりに運動すると、使ってない筋肉がどこなのか、よくわかりますね。
一年に1回くらいハイヒールを履くと、向こう脛が痛くなったりもして。。。

さて、そんな時、とりあえずラベンダーキャリアオイルさえあれば、それでトリ ートメントオイルを作って、
ちゃちゃっとトリートメントします。

☆キャリアオイル 5mlに、ラベンダー・トゥルー 1〜3滴くらい。

これくらいなら、一回使い切り量なので、慣れれば手の平でも作れますね。
(あんまりこんな事言っちゃダメかな?^^;) でも、毎日のように使うわ♪という方なら、遮光瓶にもっと複雑な
ブレンドを作 っておいた方が便利ですね。

☆キャリアオイル 20ml   
ラベンダー・トゥルー   3滴   
ローズマリー・シネオル 3滴   
ジュニパー・ベリー    2滴 ・・・とかね。(割合は変化させても。)

ラベンダーの鎮痙、ローズマリーの鎮痛、そしてジュニパーの体内の老廃物 を流す働きが相まって、筋肉痛だけ
でなく、肩こりや腰痛にも使いまわせる 便利なブレンドです♪

目次に戻る
**********************************************

「そういえばキャリアオイル」

・・・って、一度もちゃんと説明してませんでしたね。
キャリアオイルと精油の区別も、最初はつかなかったりしますよね。 いろいろ呼び方もあるし。。。

精油ひとつとっても、アロマオイルやエッセンシャルオイルなどと表記されて、 そこへさらに、精油をキャリアオイル
とブレンドしてトリートメントオイルを。。。 なんて言われたら、混乱しちゃいますよね。

キャリアオイルは植物油のことです、カンタンに言うと。
食べようと思ったら、食べられるオイル。(精油は食べられませんよ。)

「キャリアー」とは「運ぶ」の意で、精油を植物油に乗せて、肌全体に運ぶ、と いう意味で、キャリアオイル、と
呼ばれるんです。
キャリアオイル自体にも、たっくさんの種類があって、それぞれ特徴もあるの で、自分にとって良さそうなオイル
を選ぶと、またアロマライフの楽しみが広が るわけです。。。♪

目次に戻る
**********************************************

「まずはホホバオイル♪」

でしょうか(^^)キャリアオイルの一番手。 だって、酸化しにくいから安心だし、使い心地も素晴らしい〜♪
・・・ちょっと高いけど。 コー○ソースみたいなものですね。 「値段は高いがいい味です♪」って。
(これ、全国区ネタ?^^;)

「オイル」とは言っても、厳密に言うとホホバの実から採られる「液体ワックス」。
これが、キャリアオイルとしては完璧ともいえる素質を備えてます。

☆酸化しにくい。(ほとんど酸化しない。。。と言いたいほど。)
☆肌への浸透が良い。(人の皮脂に近い構造。)
☆あらゆる肌質に適している。 日焼けや、皮膚の炎症などにも、刺激なく肌を保護してくれるオイルです。

赤ちゃんにもOKのやさしいオイル。 ヘアケアにも適してますよ。 金色の、ほんのりと芳しい果実の香りのする
オイルは、完熟のホホバから採取 された、自然のパワーを充分満たしたオイル。
ウチのコは、もちろん金色です。。。(^^)v

目次に戻る
**********************************************

「そもそもトリートメントとは?」

キャリアオイルを使って精油(エッセンシャルオイル)を希釈して肌に適用する 事を、「トリートメント」と呼びます。
もともと、アロマテラピーはフランスの化学者の研究から始まって、お医者さん の実践(戦時下での軍医さんに
よる芳香薬の処方)によって、その働きが注目 され、精油を薬として扱うことが主流でした。
(そのため、今でもフランスでは、精油は薬として扱われています。)

でも、やはり女性は目のつけどころが違う?! マルグリット・モーリーという生化学者さんが、オイルに精油を
植物油に希釈し て肌に適用するという方法を提唱したのです。

精油の薬としての作用ばかりに目を向けず、もっと心と体の全体に香りの優し さを届けよう。。。
というわけですね♪
心や体の不調は、その部分だけに目を向ければいいものではない。。。と。 まったく、その通りですね!
モーリーさん♪

目次に戻る
**********************************************

「ホリスティック」

なんでも、横文字で言われるとわかんないですよねぇ。。。やれやれ(^^;
実は日本で広められているのも、モーリー女史の提唱した「心と体の両面に 作用させよう。。。」という考え方に
基づくアロマテラピーで、これを「ホリスティ ック・アロマテラピー」と呼んでいます。

ホリスティック=全体的。

ある箇所の不調をなんとかするためだけにアロマを適用するのではなく、もっ と大きく心も身体も一緒に癒して
ゆこう。。。という考え方です。
一人の人間の全てを温かく見守り、癒す、アロマテラピー。 それが、ホリスティック・アロマテラピーです。

人間は、心と体のバランスがとれて初めて健康であると言えます。
そのために、とても役立つのが、精油の芳しい香りなんですね。。。♪
精油を、単なる「クスリ」として捉えるよりも、美しい考え方(感じ方)だと、私は 思います。。。(^^)
(もちろん、日本において、精油はクスリではありません。この点は要注意。)

目次に戻る
**********************************************

「良さそうなオイル」

ってどうやって選ぶのか。。。という話に繋げようとしていたのに、ホホバオイル の次から横道に逸れてしまい
ました(^^; 元に戻して、と。。。

伝統的によく利用されるキャリアオイルにスウィートアーモンドオイルというもの があります。
いかにもちゃんとした「オイル」という感じで、しっとりオイリーな優しい感触です。
赤ちゃん用のベビーオイルとしてもオススメされる程、刺激はありません。
アロマテラピーのサロンでも、よく使われていると思いますよ。

オレイン酸を多く含むため、比較的酸化しにくいのも特徴の一つ。
また、どうも最近、肌がカタイような気がする〜。。。 という時、スウィートアーモンドオイルを使って、ケアして
みましょう。 「あららら?♪」というほど、肌が。。。や○ら○い♪
(複数の参考文献&ヤスミンの体感確認による感想です。)
もちろん、スキンケアによい精油を適宜入れることで、素晴らしいトリートメント が楽しめるわけです。。。♪

目次に戻る
**********************************************

「私のお気に入り♪」

なんですの(^^)「マカダミアオイル」。
手にとってみたところ、昨日のスウィートアーモンドオイルとよく似た感じ。。。 どこが違うのかな?
ここです。。。パルミトレイン酸。

植物油の中では、他になかなか見られない貴重な脂肪酸が含まれてます。
この脂肪酸は、人間の皮脂にも含まれているので(しかも若い人!という事は 。。。老化肌向き^^;)
肌への浸透が良いのですねー。 しっとりとした感触でありながら、なでなでとトリートメントを続けると、あらあら、
吸い込まれちゃった♪という感じです。 この点は、スウィートアーモンドオイルに勝ると思います。。。

さらに、ホホバに次ぐ程かな〜り酸化しにくい、という点も、当店の売れ筋NO1である理由でありましょう。

目次に戻る
**********************************************

「週末トリートメント」

もう土曜日ですね〜。 一週間の疲れを癒すべく、アロマトリートメントしましょう♪
人にしていただくのは気持ちよいものですが。。。一時間で1万円とか平気で しますからね(^^;
フツーの人(私も。。。)は、そんなにしょっちゅう行けませんよね。

だから、セルフトリートメント。
昨日ご紹介したマカダミアオイルを使って、足裏トリートメントはいかが?
カンタンで、いい気持ちですよ。

☆レシピ☆(濃度約2%)
マカダミアオイル10ml
グレープフルーツ    2滴
ジュニパーベリー    1滴
サイプレス        1滴

とくに、エアコンのきいた部屋で仕事されてたりして、足がむくんじゃって。。。 なんていう方に、おすすめ。
体内に溜まった余分な水分や老廃物の排出をねらったレシピです。
(もちろん、気分的にリフレッシュ&リラックスもできる香り^^)

足裏の土踏まずの親指側の側面辺り、やわらか〜い所に腎臓や尿管、膀胱 などの反射区(内臓の位置を反映
している場所)が集まってます。
そこら辺りをオイルを使いながら、ぐいぐいと刺激してやると。。。いい感じで トイレに行きたくなっちゃう。。。
お試しを♪(温かいハーブティーや白湯をたくさん飲むといいですよ。)

目次に戻る
**********************************************

「日曜トリートメント」

昨日の足裏トリートメントで自分がスッキリしたところで、今日は身近な誰かに トリートメントしてあげるなど、
いかが? 昨日の残りオイルがあれば、それでも良いし、新たに作ってあげてもいいです よね。
・・・自分がなにかしてほしかったら、まず自分がしてあげないとね。。。
(夫も読んでるので、このセリフがそっくりそのまま返ってきそう でコワイです。。。^^;)

お手軽なところで、ハンドトリートメントなど♪
☆レシピ☆(女性向き)濃度約2%
マカダミアオイル  5ml
イランイラン     1滴
サンダルウッド   1滴

・・・甘いお花の香りに落ち着きを添えて、年配の女性の方の乾燥気味の手を やさしくしっとり包み込みます。。。
(もちろん若い人もね^^)

☆レシピ☆(男性向き)濃度約2%
マカダミアオイル  5ml
サイプレス      1滴
クラリセージ     1滴

・・・さっぱりとウッディーな香りに、リラクゼーション効果の高いクラリセージを ブレンド。
甘い香りの苦手な女性にもオススメ。

目次に戻る
**********************************************

「さっぱりスッキリ」

したい時には、ジュニパーベリー。むくみとりたい時にもジュニパーベリー。 セリュライトをさっぱりさせたい時にも
ジュニパーベリー。冷え性さんにもジュニ パーベリー。月経の不調時にもジュニパーベリー。脂性肌さんのスキン
ケアに もジュニパーベリー。。。 うるさい?(^^;

街の雑貨屋さんの店頭で、小瓶からクンクンして「う〜〜〜ん」って棚に戻した 経験のある方、けっこういらっしゃ
るのでは?
どんなに素晴らしい美点があっても、第一印象がよろしくないと誤解されっぱなし という悲しいこと。。。
よくありますね。 このコもちょっと、そういう感じで。
でも、勇気をだして家に連れて帰ると、それはそれはこまめに働いてくれるのですよ。。。

最初は「?」だった香りにも、だんだんハマり。。。
ちょっと他の精油と合わせた り、薄めてみたりすると、「およよ♪」という発見があり。
まるで。。。化粧栄えのする少女のようです。
注意・・・残念ながら、妊婦さんにはオススメできません。。。

目次に戻る
**********************************************

「だからジュニパーって」

なんなのか。。。と言えば、テーマは「浄化」なのですね。
そう、地味なメガネ少女は、実は清らかな美少女だったのです♪みたいな。 (ちょっとちがうかも?^^;)
少女マンガみたいな結論。。。

具体的には、キャリアオイルに希釈してトリートメントを行えば、体内の余分な 水分や老廃物を排出する手助け
となり、その事によって、あのでこぼこセリュ ライトの退治にもいいよ、と言われています。

ただ、身体に対してだけではなく。。。心の老廃物の排出にも、一役買って、 鬱々とした気分を晴れやかにして
くれるところが、ジュニパーベリーの最も価値 のある美点であるような気がします。

軽やかに香らせる方が心地よいので、まずはルームコロンなどにされると良い かな〜と思います♪
先週土曜日のレシピを、ルームコロンに転用してもいいですね。 (カンキツ系精油と、よく合いますので。)
心が疲れた一日の終わりに。。。清らかな美少女に癒してもらってくださいね。

目次に戻る
**********************************************

「次はサイプレス」

でしたねー。 先日、「タバコの匂いや焼肉を食べたあとに使ったり、リフレッシュにも良い スプレーのレシピ教え
てくださ〜い」とメールをいただいて、お返事させていただ いた後でふと気づいたら、土曜日のリフレクレシピの
精油とおんなじでした(^^;

ジュニパーサイプレスグレープフルーツ。 まぁ。。。使いまわせるところがアロマの良いところ、ということで♪

ところで、サイプレスの大きな特徴は「デオドラント作用」にあります。
もうそろそろ夏も終わりですが、汗止めスプレー等を手作りするのには外せな い精油でありました。
かなり強い収れん(ひきしめ)作用もあるので、前述のリフレクレシピなんかに も良かったわけですね。

さっぱりとしたウッディーな精油なので、雰囲気は男性向き?な感じもするか もしれませんが、女性にうれしい
働きもいろいろあるんです。。。 このコもジュニパーベリーに負けず、働き者でねぇ。。。

目次に戻る



お買物ページ
TOPエッセンシャルオイルE−Conオリジナルブレンド精油キャリアオイルアロマウォーター手作りコスメ基材クレイ
はじめてさんセット容器・遮光瓶等アロマペンダントアロマミスト
情報のページ
ご注文・お支払い方法E−Conceptionとはアロマテラピーの基本アロマテラピーもっと敏感肌・アトピっ子の部屋
特定商取引に基づく表示店主のオススメコスメライフ
精油で作るNatural Perfumesアロマな家事いろいろ
ボディトリートメントアロマティック・ヘアケア妊娠中のアロマテラピー
カートをみる