お買物ページ
TOPエッセンシャルオイルE−Conオリジナルブレンド精油キャリアオイルアロマウォーター手作りコスメ基材クレイ
はじめてさんセット容器・遮光瓶等アロマペンダントアロマミスト
情報のページ
ご注文・お支払い方法E−Conceptionとはアロマテラピーの基本アロマテラピーもっと敏感肌・アトピっ子の部屋
特定商取引に基づく表示店主のオススメコスメライフ
精油で作るNatural Perfumesアロマな家事いろいろ
ボディトリートメントアロマティック・ヘアケアメルマガバックナンバー妊娠中のアロマテラピー
カートをみる


日刊!アロマテラピー エッセンシャル

目次に戻る


【オープンハンドとアロマテラピ〜】

ほんのり昨日から続きますが、ハンドケアすることで上手にリラックス〜という方法は、これから始まることの多い
新生活で環境が変り、学校や職場で緊張しがちな方にもオススメです♪

私自身が緊張しやすいタイプなので、わかるんですけど(^^;←小心者。

人って、ストレスを感じるとギュッと握りしめるんですよ、手を。

というわけで、そんな状態に気づいたら、まず手を開くことが大切。。。

それに、人の話を聞く時に、「私は話を聞く態勢ですよ〜」と無言で伝える場合にも、さりげなく手の平を上に向けて
体の前に置くと、そのメッセージが伝わりやすくなります。
 
腕をくんだり、手を握りしめてると、「閉じてる」って感じですよね。

オープンハートはオープンハンドから。。。♪

あ、緊張してる、って思ったら、まず手を開きましょ〜。
そして、さらによいのが、昨日みたいにハンドクリームを塗ってると。。。手の平から良い香りがするのです。

そうすると、開いた手をなにげなく顔の近くに持ってきてその香りで緊張を解くことも可能。
 
体と心はひと〜つ。

手を開くことで心を開き、香りで心の緊張を解く。。。アロマテラピーって、いいですねぇ。

ハンドケアは、ハートケアでもあるのです。。。♪

そして、ハンド&ハートケアレシピは、また明日〜。
 

目次に戻る
**********************************************

【ハンド&ハートケアの香り】

さて、ここでハンドクリームレシピを。。。書いてもよいのですが、でも、ハンドクリームなんか作るの面倒クサイや
。。。と、どうしても思ってしまう方がいらっしゃるんですよね(;;)
そんな方には、クリームベースがありますからっ。

これなら、そのままお好きな精油をちょっぴり加えるだけでOK♪
先日ご紹介したような、日焼け止めクリームにしてからでもいいですし。

その時に入れた精油は、ベルガモットFCFとローズウッドでしたが、
 
 ●ラベンダー・トゥルーとゼラニウム・ローズ

なんていう、さわやかなフローラル調にしてもいいですね。
心のバランスをとり、明るい心もちに近づけてくれます。

 ●ローズマリーとペパーミント

なんて、お顔にはあまり使わない組み合わせも、香りを楽しむことを重視したハンドケアだからこそ可能、という遊び
もできます。さわやかなハーブ調で、気分転換にはよいですよ〜。

 ●シダーアトラスとサイプレス

あるいはこんなウッディー調。
心を落ち着かせて、不安や緊張をとり、穏やかな心もちを取り戻させてくれます。
 
 ●フセンキンセンスとベンゾイン

そして、スキンケア的にも高い効果が期待できる性質をもつ樹脂系。
呼吸を深くし、心落ち着かせる組み合わせでもあります♪
 
ハンドケア専用とするなら、お顔用よりは少し多めに精油を入れることができますので、10gのクリームベースに
精油を2〜4滴入れれば、1〜2%の精油濃度となる、ということを頭に入れつつ、お好みで増減して楽しんでくだ
さいね〜。

こまめに作りかえられた方が、新鮮な香りが楽しめますよ♪


目次に戻る
**********************************************

【生活に潤いを。。。】

早いもので、3月半ばの金曜日。。。

春は生活環境が変わる方が多いですし、家族の中に1人でもそういう方がいらっしゃると、全員が影響を受けて、
バタバタとお忙しいことでしょう。

でもそんな時こそ、生活に潤いを。

これは、私の昔話ですけども、

祖母が入院していたことがありました。
かなり深刻な状況だったので、母は病院に泊まり込み、まだ嫁入り前だった姉と私が家事を受け持ち、なんとか
かんとかやっていたのでしたが、その頃姉が時々言ってたのが、「たまには潤いも必要よね」 でした。

深刻な状況だからって、全員で暗い顔してても仕方がないし、私達も仕事を持っていたのでそれなりに忙しかった
のですが、たまにちょっといいお菓子など買ってきて、祖父も含めて3人で、ささやかにお茶会を開いたりして。

「たまには」って言うわりにはちょくちょくしてたかもしれないけど(^^;
 
心配事があるから、忙しいから、と延々とバタバタし続けていては、どんどん家の中の空気がギスギスして乾いて
いったことだろうな〜、と思います。

潤いは、お肌に与えるだけのものではなく。。。環境にも与えるもの。
ちょっといいお菓子だったり、きれいなお花だったり、そして香りだったり。

必要な時ほど忘れてしまいがちなのですが、走るスピードがどんどん速くなっていく時ほど、さらに加速させる前に
軽くブレーキを踏みましょう。

そこで供給された「ちょっとした潤い」の素は、再び走り始める時の原動力となってくれます♪
 
早速、今お手元にある精油の瓶をちょっとひねって、ポトンと1滴。。。

喉が乾いて水を飲んだ時と同じように、細胞に染み渡る香りで、心の潤いを取り戻してくださいね〜。
 

目次に戻る
**********************************************

【自宅サロンでネロリラックス〜】

そして週末、心の潤いシリ〜ズ。。。しとりん♪(さりげなく昨日からの続き)

それはそれはカッサカサでボロボロにささくれだった心を(言いすぎか。)
一気に潤わせる香りといえば。。。そうねー、ネロリなんかいかがでしょ。

今を生きる人の中で、なにか理由があるにせよ、はっきりとはないにせよ、「不安」を感じていない人はいないと思い
ます。
感じることは悪いことではないし、その不安が原動力となって、努力したりすることができるのですが、感じすぎるの
もね。。。

なんでもバランスが大事です。
そのバランスを取り戻させてくれるのに最適な精油の1つが、ネロリ♪

正体不明の不安に、心がドヨ〜ンとしている時も、逆にイライラっと落ち着かない時にも、ネロリは心を潤わせ、しっと
りと平静を取り戻させてくれるために力を貸してくれます。

そしてそのための、とってもカンタンな方法。

【ネロリ3%ホホバ】という、ネロリを3%濃度でホホバオイルに希釈したものを、丸ごと1本、1度に使います!

エステかアロマのサロンに行ったと思えば、決して高くはありません。
20分、他人に足をもんでもらえば2000円はかかるというのが相場ですが、それよりもずっとお値打ち。

そして、多分それよりも満足度が高い。。。♪

5mlのオイルというのは、かなりの量です。(先に少し薄めて量を増やしておいてもよいですが。)
浴槽でゆっくり温まったあと、体についた余分な水滴をタオルで拭き取り、洗い場の椅子にでも座って、ネロリ3%
ホホバを手足の先から全身に伸ばします。

香りを存分に吸い込みながら、心ゆくまでトリートメントしたら、外に出て服を着ます。

その後、普通にお顔のスキンケアをされても、手の平にほんのり残ったネロリがプラスアルファ〜の働きをしてくれ
ますよ。

それから、瓶の中にわずかに残ったオイルは、じーっと傾けて全て手の平に出し、ハンドトリートメントをさらに楽しみ
ます♪

これで。。。全身ツヤツヤ、しっとり。もちろん心もしっとり。。。
仕上げに手の平を目と鼻の上に当てて、目を閉じて香りを楽しみながら静かな時間を過ごしたら、そのまま寝室へ。

リラックス→ベッドへ直行! これができるのがホームケアのよいところ♪

ネロリの香りで、きっといい夢も見られますよ。。。☆
 

目次に戻る
**********************************************

【香りの水でしっとり♪】

まだ日曜日なので。。。さらに、心の潤いシリ〜ズ。。。しとりん♪
 
そうそう、潤いといえば、アロマウォーターではないですか〜。
これほどカンタンに潤いとしあわせを同時に感じられるものってありませんよね。。。

精油よりも安全性が高いし、冷蔵さえしておけば取り扱いに大きな注意が必要なわけでもありません♪

手の平に振り出して(スプレーを付ければプシュッとも)なじませ、頬に手を当てれば。。。
あぁ、ふんわりとよい香りに包まれて〜、うっとり。

特に、心の潤いにも効果が高いのは、

ローズ、ジャスミン、ネロリ、カモミールローマン 辺りですね〜。

先日、カモミールジャーマンウォーターを、目のかゆみ緩和にローションパックされるとよいですよ、という内容を書き
ましたが、上記のウォーターでも同じように楽しめます。(抗炎症作用が一番高いのはジャーマンですが)
 
お好みのウォーターを少し小分けして、リポゾームという保湿剤を少し多めに混ぜます。

 ☆ローズウォーター 5ml
  リポゾーム    10滴くらい

こんな感じですが↑ 量はお好みで調整していただいて、これをコットンにたっぷり含ませて、お好きな場所にペタリ
と貼って一休み。。。

リポゾームは、分子サイズが小さいので細胞の隙間から容易に肌の奥に入っていくことができる優秀な保湿剤。
グリセリンのみのローションよりも深く、しっとり感をあじわえます。

手に残ったウォーターの香りを楽しむためと、目を休ませるために、手の平は顔の上に覆うように乗せましょう。

手間もヒマもそんなにかからない、ささやかな休日のこんなひと時が。。。
想像するよりも、ずっとずっと、お肌と心に潤いを与えてくれるのです♪

目次に戻る
**********************************************

【いってきます、コロン♪】

心に潤いを与えたら。。。月曜日からはまた元気に仕事〜♪
仕事させていただけるだけ健康、というのはありがたいことですね!

とはいえ、

そりゃ〜、頭ではそう思ってるけど、やる気がなかなか。。。っていう気分もわかります(^^;

だからこそ〜、アロマテラピ〜という便利な応援団がいるわけです。

というわけで、身だしなみとしてではなく、「さぁ、やるぞ!」という気分を一瞬にして作るための、こんなオーデコロン
を作りました♪
 
ルームコロンに近いくらいですので、自分の周りに振りかけて、香りのついた空気に身を浸し、深呼吸する感じで
使いましょ〜。
(光感作性のある精油も使いますので、日の当たる場所の肌には直接つけない方がよいですよ)

 【いってきます♪コロン】
 ☆無水エタノール      30ml
  ローズウォーター      5ml
  ローズウッド       10滴
  ゼラニウム・ローズ     5滴
  グレープフルーツ      8滴
  レモン           7滴

まずは、エタノールに精油を混ぜ、しばらくおいて馴染ませます。
馴染んできたら香りを確認し、お好みでローズウォーターも加えます。
(オーデコロンには若干の水分が含まれるのですが、この辺は手作りですから、アバウトで♪アレンジしてください)

精油濃度はせいぜい5%程度ですので、香水に比べたら、香りはほんのり〜と軽〜いもの。
 
お出かけ時に、身につけて連れてゆけるほど強い香りではありませんが、お出かけ前の玄関で、こんな香りのシャ
ワーを浴びてゆくのは、とてもよいものです。

ローズウッドのやわらかなフローラルさとカンキツ系のほんのり酸味のある爽やかさが溶け合って、「あはは〜」って
思わず笑顔になる香りですよ〜。

風水でも玄関をきれいにしておくと良い運が入ってくるといいますよね。
きれいにしておくことはもちろんですが、さらにきれいな香りでスッキリ!してから出かけると、疲れやよどみを抱え
たまま出かける事が避けられます。
  
というわけで、今週も元気にまいりましょ〜♪
  

目次に戻る
**********************************************

【ただいま、コロン♪】

昨日ご紹介のいってきます♪コロン、いってきますがあるのなら、「ただいま」もなくっちゃね、ということで、

帰宅時にも中に入る前に香りのシャワーを浴びれば、外から引きずってきたいろ〜んなものを振り落とすことが
できます。

いってきます♪コロンを玄関にそのまま置いておくのもよいのですが、帰宅時用には別のものを作ろうかな〜、と
いう場合はこんなのを。

 【ただいま♪コロン】
 ☆無水エタノール     30ml
  ローズマリーウォーター  5ml
  ジュニパーベリー    12滴
  パイン          8滴
  レモン         10滴

1日お疲れさまでした。。。

クタクタに疲れて帰ってきた時、そのままズルズル〜と部屋の中に入ってしまうと、抱え込んだマイナスエネルギー
までズルズルと。。。だから、玄関でぷしゅ〜。

爽やかでスッキリした香りに、救われる感じがしますよ♪
 
帰宅後にも、家事や雑事、やらねばならないことがたくさんありますよね。
その仕事を片付けるためのエネルギーを、香りがほんのりとチャージしてくれるのです。

今回は、こんなのもできるのよ、ってことで、オーデコロンタイプをご紹介しましたが、いつものようにアロマウォーター
主体のルームコロンにして、置いておいてもよいのです。 もちろんもっと強く香らせるために、香水だってOK。

でも、こんな習慣ができると、毎日の疲れ方が、きっと変わってくると思いますよ。。。♪
  

目次に戻る
**********************************************

【おやすみなさい、コロン♪】

アロマウォーター主体のルームコロンと、エタノール主体のオーデコロン、その違いは。。。

エタノールはそれ自体揮発が早いせいか、プシュッとした瞬間、空中で一気に香りが広がる気がします。

スッキリ、というか空気がひんやりとクリアになる感じが強いですね。感覚的なものかもしれませんが(^^;

試しに両方同じように作ってみて、香りかたの違いなど試されてみては?と思います。
 
そして、いってきます、ただいまと作りましたので、ついでに〜こんなの。

 【おやすみなさい☆コロン】
 ☆無水エタノール       30ml
  ネロリウォーター       5ml
  プチグレイン・ビガラーデ   7滴
  イランイラン・コンプリート  3滴
  サンダルウッド        7滴
  マンダリン         12滴
  

おやすみアロマの代表、ラベンダーとはまた違うアプローチで、穏やかな、優しい香りが、ゆったりと眠りの世界に
いざなってくれます。。。

おやすみ前に、寝室にプシュッとひと吹き。軽やかに。。。ほんのりと。。。深い香りに満たされます。
少し時間が経っても、まだふわ〜と適度に香りますよ〜。

きれいな空間で眠ることができれば、夜の間にチャージされるエネルギーの質も高くなりそうですよね♪
 
クッキリと意識できるほど強くは香らないのが、コロンのよいところ。
眠りにおちる妨げにはならず、気づかないところで「いい仕事」をしてくれる感じです。

ぐっすり眠って、翌朝目覚めれば、冬眠から覚めたような気分かも☆

今日は春分の日、ですもんね。
いつまでもダラダラと眠くなりやすい春、熟睡のお供にぜひお試しを〜。


目次に戻る
**********************************************

【おやすみアロマでお肌の修復】

昨日は、眠りにいざなうコロンをご紹介しましたが、リラックスできる香りと一緒に眠る、というのは、気分的に良い
という以上に実利のあるものなのです。

例えば、お肌のためには10時までには布団に入って、10時から2時までは熟睡しているのが良いと言われます
が、10時というのは人が熟睡モードに入りやすい時間なのですね。

そして、熟睡することによって昼間は脳や筋肉を動かすことに使われている血液やエネルギーが、皮膚の修復に
回されるのです♪
 
しかも、夜間に分泌されるホルモンの中には、細胞に栄養を与えて成長促進し、修復するよう働きかけるものが
あるのだとか。。。

だから美容のためには早めの睡眠が必須!

それだけのためにも、すんなりと熟睡モードに導いてくれる素敵な香りはお役に立つのですが、まだ期待できる働き
があるのです。

前にも一度ご紹介したので覚えていらっしゃるでしょうか。。。?

鎮静作用のある香りを継続的にくんくんしていると、失われた皮膚のバリア機能が回復が促進された、という実験
結果があるのです。(aromatopia79 参照)

これは特に寝ている時に限らず、ですが、眠っている時の方が修復の仕事がよりよく進むのですから、大切な睡眠
時に香りを枕元に置かない手はありませんよね〜♪

鎮静作用のある精油は、ラベンダーを筆頭にたくさんありますので、どれかお好みのものが見つかるとよいですね。

当店のブレンド精油の中にも、その名も【スリープ】という眠るための香りもあります。
これはラベンダー、オレンジスウィート、サンダルウッド、イランイラン、マジョラムスウィートといった、リラックス精油
大集合☆なブレンドです。

使う人に苦痛や我慢を強いるどころか、それはそれは快い状態にしてくれるうえに、素晴らしい結果をもたらしてくれ
る療法。。。

アロマテラピーって、やっぱりいいですねぇ♪

 ●参考文献・・・「究極の眠り学」(鳥居鎮夫 著 PHP研究所)
 

目次に戻る
**********************************************

【香りコスメの基材、乳化ワックス】

さて、心安らぐよい香りとともに熟睡することで、お肌が随分と修復されるということはご理解いただけたでしょうか。

実際、睡眠ほどお金がかからず効果的な美容法はありません♪

ひょっとしたら、たいしたお手入れをしなくても、毎日ぐっすり眠っているだけの人の方がストレスも解消されて、きれ
いなお肌かもしれませんね〜。

でも、そんななんでもないことが難しいのが、哀しい現代人。。。

だから鎮静作用のある香りを継続的にくんくんするために、スキンケアにも自然な香りを取り入れることは、とっても
いいことなのです。

1日2回、ホッとくつろぐ香りでお顔のお手入れをすることは、素晴らしいストレス解消になると同時に、細胞の修復
(バリア機能の回復)に手を貸してくれるんですからね〜。

アロマウォーターをローションにするという、一番カンタンなことから始めて、オイルに精油を混ぜてみるとか、ビーワ
ックスなどを使ってクリームを作ってみるとか。。。少しずつ、手作りアロマコスメの世界を広げていってみましょう。

でも、いままでにもかな〜りいろんなコスメをご紹介してきましたので、その中ではあまりご紹介していない、
【乳化ワックス】にスポットを当ててみましょーかしら。

乳化ワックスは、その名のとおり、水分と油分を乳化させて一体化させる為のものですが、その成分の大半を占め
るセタノールは、乳化剤というよりは乳化安定助剤。 
 
「乳化」といえば、界面活性剤。 絶対排除! という方にはオススメしませんが、刺激の少ないものを必要最低限
ギリギリの量で使えば、敏感肌の方でも使い心地のよい基礎化粧品がカンタンに作れるのです。

でも実は、かなり厳密に計量しないとうまくクリーム状にならないため、少量では作りにくいのが難点。

なんとかならないかな〜、と思っていろいろ作ってみましたが。。。

ふと思いました。

なにもきれいな見た目にならなくてもいいんじゃない?
使い心地さえよかったら。。。 だって手作りですもんね。 それが大事。
 
というわけで、見た目にこだわらず、しかもクリームにしようとしなければさらにこだわりがなくなる、というわけで、
使い切りやすい量で作ってみた乳液レシピを、明日はご紹介します〜。


目次に戻る
**********************************************

【さらさらココア乳液】

というわけで、昨日の続きです〜。

見た目にこだわらず、乳液のようであり、分離タイプのローションのようであり。。。ほんのり粒々も残ってるけど、
でも肌に乗せればスルスル〜っと溶けて、あとはキレイに肌に馴染む!ビバ!手作り♪という、レシピです。

●まずは、一番サラサラタイプの乳液です。
やや分離しますので、保存は広口瓶のボトルにし、使う度に振り混ぜてから使います。

 【サラサラココア乳液】
 ☆乳化ワックス    20粒(約1g)
  ネロリウォーター  20ml
  ココアバター     3g
  TGR        3滴


まずは乳化ワックスを耐熱ビーカー等に入れて湯煎して溶かします。
そこにココアバターを加えてさらに溶かし、ネロリウォーターを加えます。

よ〜く混ぜて溶かし合わせたら火から下ろし、しばらく混ぜ続けます。

冷ましながらも時々混ぜます。
分離して上の方だけクリーム状になっても、また混ぜてなめらかに乳液状にしていきます。

手にとると。。。ちょっと小さな粒々が見られますが、馴染ませてしまうと肌の上でスーッと溶けますので、まったく
問題なし♪

水分の方を強く感じる乳液ですので、軽くてサラサラ。
ちょっとだけ潤したい時のハンドケアにも適してます。
冷蔵保存中に分離してきますので、使う時には、振り混ぜてくださいね〜。
 
精油を入れなくても、ネロリウォーターとココアバターの香りがほんのりと快いのですが、精油は後からでもお好み
で。フェイスケアの場合は2滴くらいが適量です。

明日は、本格派しっとりタイプのご紹介♪


目次に戻る
**********************************************

【しっとりアボカド乳液】

さて、さらに昨日から続きまして。。。

あまり出来上がりの見た目はキレイにはいかないのですが、少量の場合はどうしても計量が難しく。
乳化ワックスを「粒の数」で表したのも、わかりやすくしてみたくて、のことです。

なので、このレシピ通りに作っても、粒のちょっとした大きさの違いからひょっとしたらクリームになっちゃうこともある
かもしれないのですが、その点はご容赦を(^^;

大切なのは、刺激を極力抑え、必要とする保湿力はもたせつつ、肌によい働きかけをさせること。。。
そのことさえクリアできれば、見た目は後回しでいーのです。売るわけではないんですもんね。

自分にとって、必要充分なものを作ることが一番♪


●といっても、こちらはかなり本格派のしっとりタイプ。見た目もキレイでなめらかになる可能性大。
 
 【しっとりアボカド乳液】
 ☆乳化ワックス    40粒(約2g)
  ネロリウォーター  15ml
  アボカドオイル   小さじ半分強(約3ml)
  TGR        3滴

成熟肌向きのレシピですね。 作り方は昨日と同じですけど。
ほんのりグリーンがかった、きれいな乳液になります。
 
ネロリ&アボカドなんて、いかにも肌に良さそうな組み合わせでしょ〜。
もちろん、ローズ&マカダミアなどでもできますよ。

また、昨日ご紹介したものもそうですが、遮光ガラスボトル25mlタイプにキチンと収まります。

それくらいの量だと、作りやすく、また使い切りやすいので、次はこんなのにしてみようとか、いろいろチャレンジする
お楽しみもできます♪

精油を多めにいれて、香らせることを目的にした、香油に近いボディミルクにアレンジすることもできますね。
その場合はサンダルウッド&イランイランとか。。。
 
分離したって、多少粒々が残ったって、それは失敗ではありません!
だって肌に馴染ませればキレイになるんですもの〜。恐れず、楽しく作ってみてください。本当にカンタンですよ♪

目次に戻る
**********************************************

【使い終わった瓶は。。。その1】

ふにゅふにゅと乳液を作ってるうちに月曜日になってしまいました〜。

でも手を動かすのって、楽しいものですよ。。。なんの発見もない作業というものはないですしね♪

というわけで、今日は手作りコスメではないけれどちょっとしたプレゼントにいいのでは〜? なご提案。

アロマライフふん〜♪を楽しむみなさま、使い終わった精油の瓶はどうされているでしょうか。。。

そのまま不燃ごみ、という場合が多いことと思いますが、できればそのままの形でリサイクルしたいものですよね。
 
まずはラベルをはがして(けっこうラクにはがれますよ)キレイに洗います。
その中に、コットンを詰め、精油をぽとぽと。。。20滴ほど。
瓶にはシールなどを貼れば、これだけでステキなプレゼントになります♪

今の季節なら、花粉症の方にユーカリやペパーミント、あるいはブレンドのブレスイージーなどを含ませておいてあげ
てもいいですし、これから新しい生活が始まるような方には、リラックスできるような香りをあげるのも良いですね。

まったくの初心者の方にプレゼントされる時も、ただフタを開けてくんくんするだけでいいのよ〜、と言うだけなので、
安心です。
 
贈り物の片隅に添えたりするのもいいですしね。
数種類の精油を数滴ずつコットンに含ませれば、オリジナルの香りも簡単に作れます。

●ほとんどの方に好まれやすい、カンキツ系の精油のブレンド、というのもよいですね〜。
プチグレインも少し入れて、深みを出しつつ香りの保ちを少しよくします。

 ☆ベルガモット       10滴
  グレープフルーツ      8滴      
  プチグレイン・ビガラーデ  3滴
 
ところで、瓶を洗うのに便利なのは、リキッドエマルジョンという乳化剤。
瓶に残った精油をきれいに乳化して洗い流してしまいます。
それでよ〜く洗って、エタノールでさらに拭き取れば、キレイになります。
 
さらに使い終わった瓶は、野の花をちょんと挿しておいたりしてもかわいいものですよ♪

目次に戻る
**********************************************

【使い終わった瓶は。。。その2】

リサイクルるる〜、の続きで、使い終わった容器についてもう少し。。。

精油瓶については、昨日のようにプレゼントしたり花瓶にしたり、あるいは同じような形で、精油を含ませてトイレの
片隅に置くなどすれば、そのまま芳香剤になりますよね。

●精油瓶よりもっと大きなキャリアオイルの瓶も、まずはラベルをはがしてきれいに洗い、25mlサイズのものなどは
普段のブレンドオイル作りに利用しやすいので、ぜひ捨てずにお使いくださいね〜。

リキッドエマルジョンを利用すれば、ピカピカに洗えますから何度でも使うことができますよ!

●100mlサイズの少々大きなものは、お掃除や手洗い用の酢やクエン酸希釈液を小分けしておいてもGood。
(お料理中など、酢をちょっと手に付ければニオイもとれるし殺菌にもなりますよ〜) 
液体ソープ入れにしてもよいですね。

使用時に手の平やフキンにちょいちょいっと取り出して使えます。

●アロマウォーターのスプレーミストは、旧タイプを購入されてお持ちの方は捨てないでくださいね!
今は付いてませんので。。。エタノールで消毒して使いまわしてください♪

ボトル自体もラベルをはがせば、とってもキレイなブルーボトル。
お掃除スプレーやルームコロンやローションを作って、お家のあちこちにセットしておけば、アロマライフふん〜♪
が、もっと身近になりますよ。

手を伸ばしてスッと使えるのが、こういった「水ものアロマ」の良い所。
 
使い終わった容器は何も考えずに捨てる。。。 ことに慣れているかもしれませんが、「なにかもうひと働きさせられ
ないかな?」と考えてみてくださいね〜。
 

目次に戻る
**********************************************

【ちょいっと手作り、ちょいアロマ】

さて、使い終わった容器の心配もなくなったところで、手作りコスメに戻りまして。

まずはとってもカンタンバージョン。
 
先日、乳化ワックスを使って乳液を作ってましたが、やっぱり時間ないからという方には、これですねぇ。。。
クリームベース。

クリームベースには、水分と乳化ワックス以外には、スウィートアーモンドオイル、マカダミアオイル、ココナツオイル
ココアバター、グリセリン、が含まれています。

自分では、ここまで複雑な、複数の基材を使って作るのは難しいかも。。。
だからうまく利用するとよいのですね♪
 
スウィートアーモンドやココアバターは肌をやわらかくし、マカダミアにはパルミトレイン酸という成熟肌には不足しが
ちな脂肪酸が含まれるので肌をしっとりとさせ、軽めのオイルであるココナツでクリームが重くなりすぎるのを防ぎつ
つ、肌にツヤをだす働きかけをしてくれています。

そんなオイルたちの相乗効果に加えて、ここにポチッと精油を混ぜるだけでさらに素晴らしい働きかけをしてくれる、
肌に優しいフェイケアクリームができちゃうのですよ〜、クリームベースは。
 
 【成熟肌のフェイスケア】
 ☆クリームベース    10g
  フランキンセンス    1滴

まずは、こんなところから試されては。。。?
10g当たりならコーヒー1杯にも満たないお値段のクリームが、こんなに良いなんて〜〜〜、と感動しますよ。。。♪

それに、実際10gでもお顔にしか使わない場合、かなり使えます。
精油はこまめに加えた方が香りも新鮮で楽しく使えるので、できるだけこまめに混ぜられることをオススメします。

でも精油を数種類使いたい場合は、も少し多めに。。。

 【成熟肌のフェイスケア、その2】
 ☆クリームベース   20g
  フランキンセンス   1滴
  ネロリ        1滴

この組み合わせ、30代以上の肌には最高と言えるでしょう。
でも、市販のびっくりするような価格のクリームに比べればずっとお値打ちに作れちゃうのですね〜。 

しかも、作ると言ってもただ、【混ぜるだけ!】。
 
忙しいけど、ちょっと手作り気分とほんのりアロマな世界を楽しみたいな、という方ぜひお試しを〜♪
 

目次に戻る
**********************************************

【気高い香りで内と外からスキンケア】

昨日の成熟肌さん向きクリームの主役であった【フランキンセンス】は、私も大好きで何度もご紹介しておりますが、
ただ単に、加齢によって現れ始めようとするシワができるのを防ぎ、お肌の張りを蘇らせるために人気だというわけ
ではなく(それだけでもスゴイですが〜〜〜)

香りもよいのですよね。。。♪

喘息などの呼吸器系の不調のある方には、特に大切にされている精油でもありますが、まだお肌がぴんぴんでも、
呼吸器系に不安がなくても。。。心地良い、と感じられる香りです。

といって、どんな風に表現すればいいのかなぁ〜。。。と、思い巡らせつつあらためてアロマポットで焚いたり、瓶か
らくんくんしていた私ですが、

非常〜に和やかで、よい気分になってまいりました。。。ふにゅ〜。

それがフランキンセンスの魅力ですねぇ。
少し疲れていたり、しょんぼりしている時に使うと、その魅力はよりよくわかると思います。

フランキンセンスに含まれる成分のなにがお肌に対してよい働きかけをしているにせよ、 この香り。。。
ほんのりシャープでスパイシーな。。。それでいて甘さもあり。。。キリリとした芯のある淑女のように気高い香りなくし
ては、価値は半減。

もちろん、香りのないフランキンセンスなんて有り得ないんですけど(^^;

「香り」は、ストレスや環境の変化で滞りがちな「気」をめぐらせる働きをします。
「気」が滞れば、「血」の巡りもわるくなって肌荒れ発生の可能性も!

自然な香りのあるスキンケアは、その成分が直接肌に働きかける以上の働きをしてくれるのですから、フランキンセ
ンスのように、ほんのりとシャープさもある香りは、その両面からハイレベルな仕事をしてくれるだろうな〜、と想像で
きます♪
 
「ストレス」や「環境の変化」によるトラブルが発生しがちな、春。
 
心とお肌のお手入れにフランキンセンス、参加させてみませんか〜?
 

目次に戻る
**********************************************

【香りちゃんをあなどるなかれ】

「ストレス」や「環境の変化」が発生しがちな、春。

と、昨日の本文に書きましたが、そこに「忙しさ」や「慌しさ」も含まれるものですから、ついつい、ほんのりとした存在
は忘れられがちに〜〜〜。

でも忘れないでほしいのです。。。

こう見えても私(どう見られているのか?^^;)だって、憂鬱な気分になることもあるのです。

特に理由がなくてもしのび寄ってくる事がありますからね〜。アレは。
 
それなのに、上記のようなあれやこれやが降りかかってきたら、さらに重い憂鬱が。。。

そんな私だからこそ、「香り」の価値がよくわかります。
 
なんにも考えなくてよいのです。 その時、ふと手にとった香りをくんくんと、なにも考えずに嗅ぎながらぼーーーっと
していると、だんだんと。。。時間が経つにつれて、気分が切り替わってくるのがわかります。

「ふと手にとる」にしても、昨日のフランキンセンスやローズウッド、またはベルガモットやゼラニウム。。。etc、あまり
にも鎮静系オンリーでない香りの方が向いていますけどね。

こうして毎日メルマガを書いておりますが、なんだかんだともうすぐ千回。
1日も休まずに続けてこられたのも、アロマのおかげ。。。
まったくなにも手につかないような日も何度もありましたが、そんな時にはくんくんくん。。。

ゆっくりと重い扉が開いて、光と風が入り、とりあえずちょっと動いてみようかなというくらいの力を与えてくれた事は
10回や20回や30回じゃありません〜。

香りちゃんたちはスゴイんですのよ。

そっと静かに、でも確実に、心の扉や窓を開いて明るくしてくれるのです♪

香りちゃんを、あなどるなかれ。。。
要するに、このメルマガではコレが一番言いたかったことかもしれません。
 

目次に戻る
**********************************************

【逢魔が時の憂鬱に。。。】

昨日のメルマガで、憂鬱について少し触れましたが、夕暮れ時に、ふと憂鬱な気分に襲われる人は多いのでは
ないでしょか?特に理由はなくても。。。

夕刻、薄暗くなってくる時間のことを【逢魔が(大禍)時】と呼びますが、心に魔物が入り込んでくる時間なのかもし
れませんね〜〜〜。  ひゃぁ。

ですから、そんな心の魔物を追い払うためにも、「香り」はお守りというか魔除けになるのです♪

ではどんな香りがよいのかしら。。。と言いますと、もちろんお好みで良いのですが、カンキツ系などの明るい太陽を
イメージさせる香りや、または、最近ほんのり人気上昇中のフェンネル・スウィートのような香りもよいのです。

この香り、中世には悪霊を祓う!と考えられてもいましたし、現在でも体の解毒・浄化作用は定評のあるところ。
 
トリートメントに使えば、消化器系の不調には特によく、食べ過ぎ飲みすぎでどんより。。。している体をスッキリ
させるのに適しています。

そして魔が刻のお祓いアロマとして、くんくん。。。と芳香浴すれば、憂鬱に取り込まれそうな心を元気づけ、もうひと
がんばりしよう! という力を与えてもくれるのです。

とりわけ憂鬱に取り込まれやすい性質。。。口下手で考えすぎてしまうような人は、いろんな感情を内側に溜め込ん
でいたりします。そんな感情は、老廃物と同じ。。。

フェンネルのような浄化剤となる精油は、そんな心の老廃物も排除するように働きかけてくれるのですね〜。

芳香浴の際は、ジンジャーのような熱く励ましてくれる精油もプラスすれば憂鬱の波にさらわれそうな心もとない気
持ちも、さらにしっかりと支えてくれるように思われることでしょう。。。♪
 
 
目次に戻る
**********************************************

【なんとか元気を出したい時に】

ほんのり昨日から続きまして〜。

逢魔が時と呼ばれる、夕刻の気持ちが落ち込みやすい時間帯。。。アロマの力を知っていれば、それに対応する
ことができるんですね。

この、「心持ちが変化する」という体験をすれば、アロマテラピーを暮らしに取り入れるメリットを実感していただける
と思います。
 
そこで、一番お手軽なのは芳香浴ですが、もひとつ、ササッと適用して気分を切り替え、さらに体調を整えるのにも
一役買う方法をご紹介。

ただ、これは毎日ダラダラと使うよりは、とりわけ落ち込みが激しい時などなんとか元気を出したい時にお試しを。

 【3〜4回分(1度には使い切らないように。。。)】
 ☆アロエジェル      10g (又はキャリアオイル  10ml)
  ベジタブルグリセリン   少々 (入れないと、乾燥する感じがします)
  ローズウッド      10滴
  レモン          7滴
  ペパーミント       3滴

精油濃度は約10%、とやや高めになってます。
ちょっと強めにきかせたい時には、こんなのが良い場合もあるのです。

ただ、もしこのように高い濃度で数日連用してしまった場合は、体内に蓄積している可能性も考えて、しばらく使用
をお休みするということも必要です。
普段から使いすぎている気がする方も、同じように気をつけてください。

さて、このブレンドジェルを、みぞおちを中心に塗り込みます。
(敏感肌さんは、もっと低い濃度で先にパッチテストなさってくださいね!)

みぞおちは太陽神経叢と呼ばれる場所でもあり、ここは神経系をつかさどり心と体のバランスをとってくれる重要な
ポイントです。

もっと鎮静系の精油をメインに使えば、おやすみ前にもぜひトリートメントしておきたい場所。

この辺りにトリートメントを施すと、服の隙間からふわわん〜、と体温で温められた香りが立ち昇ってきますし、皮膚
の細胞の隙間からも精油はゆっくりと浸透してゆくのですね。。。

しかも、憂鬱な時は胃の働きもわるくなりがちですが、この点でもレモンやペパーミントが良い仕事をしてくれます♪

元気を出して、夕方の家事や仕事をがんばってこなし、美味しくゴハンをいただくために。。。
ささっとアロマの力を借りてみてくださいね〜。


目次に戻る



お買物ページ
TOPエッセンシャルオイルE−Conオリジナルブレンド精油キャリアオイルアロマウォーター手作りコスメ基材クレイ
はじめてさんセット容器・遮光瓶等アロマペンダントアロマミスト
情報のページ
ご注文・お支払い方法E−Conceptionとはアロマテラピーの基本アロマテラピーもっと敏感肌・アトピっ子の部屋
特定商取引に基づく表示店主のオススメコスメライフ
精油で作るNatural Perfumesアロマな家事いろいろ
ボディトリートメントアロマティック・ヘアケアメルマガバックナンバー妊娠中のアロマテラピー
カートをみる