お買物ページ
TOPエッセンシャルオイルE−Conオリジナルブレンド精油キャリアオイルアロマウォーター手作りコスメ基材クレイ
はじめてさんセット容器・遮光瓶等アロマペンダントアロマミスト
情報のページ
ご注文・お支払い方法E−Conceptionとはアロマテラピーの基本アロマテラピーもっと敏感肌・アトピっ子の部屋
特定商取引に基づく表示店主のオススメコスメライフ
精油で作るNatural Perfumesアロマな家事いろいろ
ボディトリートメントアロマティック・ヘアケアメルマガバックナンバー妊娠中のアロマテラピー
カートをみる


日刊!アロマテラピー エッセンシャル

目次に戻る


【例外的にはこんな方法も。。。】

少し続きまして。。。太陽神経叢へのトリートメントですが、私が先日試みてみた方法。

お昼にちょっと食べ過ぎちゃって、夕飯も抜いた夜だったのですが(^^;
ラベンダー原液を、そのまま手の平に数滴出して、みぞおちにすり込んでみました。

基本的には「しちゃだめですよ〜」な使い方なのですが、精油を原液のまますり込む方法って、海外のアロマテラ
ピー本では時々みかけるんですよね。

と言って、「こ、これを原液で?!」とビビってしまう精油も紹介されていたりするので、私は試すとしてもラベンダー
のみにした方が安全だとは思います。

また、そのような使い方をする時は、短期間に限ること、が大前提。

物理学者のプラトーさん、という方が発見した「プラトー効果」というものがあるそうですが、処方された薬剤(精油)
は、ある一定の量までは用量に比例した効果をあげるものの、用量が増えすぎたり、体内に蓄積され過ぎたりする
と、逆にマイナス効果が出てしまうことがあるのだとか。

というわけで、前から時々書いてはいますが、同じものを使い続けるよりは時々変更した方がよく、使いすぎている
ように感じれば、お休みすることも必要なのです。

ただ、ここで書かれているようなマイナス効果が現れるほどの用量、というのは、多分日本人が普通に使用してい
る分には到達しないくらいの量なのだろうとも、推測されます。

というのも、「多量に使うことは有害である」と書かれている本の別の章には、「手の平に精油を20滴おとして、太陽
神経叢とトリトーメントしたい場所にすり込む」などと書かれているからです〜〜〜。
1度に20滴というのは多量ではないのでしょうか。。。

・・・そんなこと、まずしませんもんね(^^;決してオススメしません。
昨日ご紹介のレシピも、一度に使い切る量ではありませんよ。

とはいえ、ラベンダー3〜4滴を原液のままみぞおちにすり込んでみた私、さてどうなったかと言いますと、それはそ
れは安らかに熟睡できたうえに、朝には胃腸もスッキリ! 美味しく朝ごはんがいただけました。。。

このレベルでは、用量に比例して効果があがっている、という段階だったわけですね♪私にとっては。 ただし、
お試しの際には自己責任にて。。。


目次に戻る
**********************************************

【おやすみ前にこんなのも。。。】

さて、そんなわけで、ラベンダー原液を使うのは例外的方法にしておいたとしても、毎日のトリートメントに、太陽神
経叢(みぞおち)を意識するのは心身の健康のためには大切なポイントです。

オイルを付けた手をこすり合わせて温め、みぞおちの辺りに置きながら横になっているだけでも、随分とリラックス
できますよ〜。

というわけで、こんなのも。。。

 ☆アロエジェル      10g (又はキャリアオイル  10ml)
  ベジタブルグリセリン   少々
  ラベンダー・トゥルー   8滴
  カモミールローマン    7滴
  オレンジ・スウィート   5滴

これも濃度は高めですが、一度に全部使うわけではありませんので、体への適用量は3分の1としても7滴程度。
肌刺激さえ大丈夫なら危険な量ではありません。

特に普段は忙しくってアロマの存在忘れてたわ。。。って場合には、反応もかなり良いはずなので、アロマ力をしっ
かりと感じることができますよ〜。
(日本人は疲れが肩や腰にきてることも多いのですが、このレシピなら、ついでに肩や腰周りにも塗っておきますと
ラクになります。)

こんな風に、たまにはエイッと効かせたい時、あるいは久しぶりに使う場合は、ちょっと高めの濃度でも。
でもこれでは強いかな、と感じる方は基材を増やして薄めてくださいね。
 
毎日ほのほのの楽しんでいる場合には、時々香りのない日も作って、体内に蓄積しないよう気をつけながら、精油
の種類もあれこれと変えて、アロマな暮らしを続けていくのが正しい方法です。
(蓄積するほど使用する人はほとんどいないと思うのですが、念のため。)
 
ちなみにミネラルジェルでもよいのですが、オイル分のキープ力が弱いのでアロエジェル、あるいはお好みのキャリ
アオイルの方が適しています。

目次に戻る
**********************************************

【ホホバのちから】

さて、昨日までとはコロっと話が変わりますが、アロマテラピ〜といえば、アロマトリートメント抜きには語れません。

そして、精油を適度に希釈するために必要なのが、キャリアオイル。

そのキャリアオイルの中でも、私が冬からこの春にかけて毎朝欠かさず使っているのが【ホホバオイル】。

そろそろ紫外線も気にしなくてはいけない時期ですが、さほど外に出ることもない私の普段の紫外線防止ケアは、
ホホバだけ〜(^^;
日焼け止めクリームはお化粧する時の下地にしたり、長時間の外出時に。

手作りローションや保湿ジェルでたっぷりと水分を与えて肌を整えた後は、ホホバオイルに精油を少し混ぜたものを
手の平に1円玉分くらい出し、それを手の平全体に伸ばし、顔&首、胸元まで押さえるようになじませるだけ♪

最近は、よほどのお出かけ事情がない限り、ほぼすっぴんで毎日過ごしているせいもあるかもしれませんが、ただ
今の私の顔。。。つるつる☆と言っていい状態です。 うぅ、うれしぃ。。。

一時は真っ赤でウロコのようになって、ものすごい状態でしたのに〜。
 
しかも。。。ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、すでに4ヶ月以上石鹸洗顔しておりませんっ。  
・・・驚かないで。。。(^^;  ※2009年2月現在、すでに2年以上経過しました。つるつる☆ですっ。

夜は濃塩水での洗顔、朝はヒマラヤ岩塩を薄く溶かしたもので洗顔。
時々クレイは使いますが、石鹸はゼロ。たまにお化粧した時も、ホホバオイルで落として、塩洗顔。

食べるものには、そこそこ気をつけました。(たまには甘いものも〜)
機能性食品やサプリメントもそこそこ摂ってます。(あわせて4〜5種類)そしてスキンケアは塩&アロマな手作り
コスメのみで。
 
オイルを使ったら、それを石鹸で落としてから新たに使わないといけない、みたいなことが書かれているものをよく
見かけるのですが、疑問。。。

だって、使わなくてもつるつるですよ〜。
特にホホバオイルは毛穴に詰まるどころか、毛穴の汚れを落とし角栓をぽろっと取っちゃったりするくらいなんです
から♪

というわけで、続きは明日です〜。
 

目次に戻る
**********************************************

【ホホバの力・・・その2】

さて、そんなホホバオイル。。。 これは私の体験ですが、時折、クレンジングの必要がなくても、入浴前にくるくる
とフェイストリートメントし、いつものように濃塩水で軽くもむように洗顔。
洗い流してお風呂から出て鏡を見ますと。。。

特にわかりやすいのは小鼻の辺り。
ぽつぽつっと、もう少しで取れそうになってる角栓があったりします。
 
そこで、清潔な爪の先に軽くひっかけるようにこすりますと、面白いようにポロッととれます(^^; 
もちろん、トリートメント中に、コロコロッと取れてくることもよくあります。
 (赤くなるほどゴシゴシこすってはいけませんよ〜)

でもそんなのはオマケみたいなもので。。。

一番うれしい働きは、肌がツヤツヤときれいに、しかも丈夫になってくるように感じられること♪

少し前に書きましたが、肌のバリア機能を高めるのに、リラックスできる香りを継続的にくんくんすることは大変よい
ことでしたよね?
ということは、ホホバオイルに和める香りを混ぜておけば、丈夫できれいな肌を作ることも不可能ではないのです。

私が今使っているのは、こんな感じ。。。

 ☆ホホバオイル   15ml
  ネロリ       1滴
  サンダルウッド   1滴

主に朝のケアですが、まったりしすぎちゃうくらい(^^;
それでも、しばらくは顔からよい香りがするのですから、気分は最高です♪

ホホバは皮脂に近い成分で、肌なじみは非常によく、薄くなじませれば、とても自然なツヤが生まれます。
特に皮脂が出にくい方は、皮脂の代わりに肌を保護させるものとしては最高でしょう。
(お話しているのは当店のホホバオイルですので、品質の違う他のものについては、なんとも言えませんけど。。。)

逆に皮脂が出すぎる方にとっては、先に薄く付けておくことで、余分な皮脂が出ようとするのを抑えるよう、働きかけ
てくれます。

肌に手の平を押し当て、心もち少し引き上げるような感じでジワ〜と温かさを感じているのは本当に気持ちのよい
ものですし、お肌のたるみ防止にもかなり役立ちますよ♪
 

目次に戻る
**********************************************

【肩の力を抜いて。。。】

4月最初の花金ですね〜。
そういえば、1000回まであと2週間なんて。。。ここは気合を入れて、あと少し、立派なお話をしなければ!!

・・・な〜んて思わないのが日刊アロマテラピ〜です〜。るるる♪

力まない、力まない。。。ゆるゆるとほどよくリラックス。。。することが結局一番ラクだし、実力もでやすいものですよ
ね。(出てるかはビミョー)
スポーツの世界でも、コーチが「肩に力が入ってるぞ!」とか言うらしいではないですか?
(体育会系ではないので、漫画とかでしか知りませんが。)

常にほどほどにリラックス。。。していたいですね。
 
といっても、毎日一生懸命働けば、肩もこります。肩がこる、ということはエネルギーが上の方に集まっちゃってる
感じ。これを下ろしてやるには、上から下へのトリートメントがオススメです。

普段のフットトリートメントなどは、むくみ解消のために下から上に股間のリンパ節まで昇るようにおこなうのですが
時にはアーユルヴェーダ方式で上から下に、最後は足指の先から外へ出してしまうようなトリートメントをすると気分
的にもすっきりします。

試しに、上から下に手をなでおろしてきて、途中で止めてみましょう。キモチわるいですよ〜〜〜。(^^;
最後までスーっと通して、手を払いきると、すっきりとするのです♪

というわけで、せっかくの週末。。。入浴の前後にでも、ちょっと念入りにトリートメントしてみませんか?

オイルを洗い流したい場合は入浴前に、そのままでよい場合は入浴後に行います。
(食事は軽めにし、食後2時間くらいは空けた方がよいです。)

できれば頭からはじめて。。。顔、首、肩、腕、背中、お腹、足まで。
それぞれの場所はキモチよく感じるようにおこないます。
最後に足指や手指1本ずつをつまんで引っ張り、「ぴんっ」と外に向かって抜くように払うと、「イヤなものが出てった
な〜〜〜」って感じます♪

使う基材や精油はお好みのものでよいのですが、参考までに続きは明日〜。


目次に戻る
**********************************************

【週末にはやっぱりトリートメント〜】

全身のトリートメント。。。少々手間はかかりますが、1度試してみると、ことのほかキモチよく。。。♪ 
ぜひまたしよう!と思いますよ〜。

ただ、オイルを体に付けたままでいると、下着にオイルのニオイが付くこともありますので、あまり上等のものは着な
いようにしましょう(^^;ちゃんと浸透させて、オイルを使いすぎなければ大丈夫ですけどね。

というわけで、最初は基本のオイルバージョンの例から。。。

 ☆グレープシードオイル  20ml
  ゼラニウム・ローズ    3滴
  ラベンダー・トゥルー   3滴
  ベルガモット       2滴

オイルはホホバやマカダミアでも。グレープシードのよいところはオイルに抵抗がある方が使っても、さら〜〜〜っと
浸透し、伸びも非常によく、仕上がりは艶やかな絹のように美しく、ベタつきが一切ない、ということ。
ホホバなどに比べれば少々酸化はしやすいもののリーズナブルですし、早めに使い切れば問題はありません〜。

ゼラニウムとラベンダー、ベルガモットの組み合わせは、オマケの香りとしてプレゼントさせていただいた時にも大変
高い人気でしたし、黄金トリプルと呼べると思います。
バランスを整え、リンパや血液、そして気の巡りもよくし、体をスッキリとさせてくれます。
 
そして、オイルより、もっと軽い乳液で。。。という場合には
  
 ☆クリームベース  15g
  ミネラルジェル  15g
  ジュニパーベリー  4滴
  ティートリー    3滴
  レモン       3滴
  

これは以前もご紹介しましたが、クリームベースとジェルを合わせると、いい感じに伸びのよい乳液状になります。

ジュニパーベリーとティートリー、そしてレモンは、ウッディー系メインの爽快感のある香り。
デトックス作用も高く、体を強くするよう働きかけてくれます。
  
上記のどちらも、できれば洗い流さないことをオススメしますので、適当にトリートメントを楽しんで終えたら、そのま
ま服を着るかタオルを巻いて、ゆっくりとハーブティーでも飲みながら休んでください。

トイレに行きたくなることもありますが、どんどん出しましょ〜♪
 
そうこうしているうちに、肩に入ってた力も抜けて、全身がリラ〜ックス。
こういう状態で眠ってしまえば、夜中にせっせと不調な部分が調整・修復されて、元気な明日を迎えることができま
すよ〜。

週末のうちにぜひ、お試しを☆

目次に戻る
**********************************************

【カモミールローマンでゆるやかに。。。】

さて、日曜日〜。昨日からほんのり続きつつ、4/3の内容の補足を。。。(思いつくままですみません〜^^;)

4/3にご紹介した太陽神経叢へのおやすみアロマで、カモミールローマンを使いましたが、これは皆様ご存知の
リラックス系の代表精油ですよね。

このほんのりとリンゴ的な香りが魅力の精油は、とっても春らしいイメージの精油であり、神経系の司令塔である
太陽神経叢に強く働きかけるとも言われています。。。

精油をあれこれブレンドするのが難しく感じてしまう方や、初心者の方ならば、カモミールローマン1種類のブレンド
オイルを作っておくだけでも、随分と助かることと思いますよ〜。

アロマテラピーというものを試してみようかなぁ、と思うキッカケは、精神的に自分ではどうしようもない気持ちに陥る
ような事、であることが多いのでは。。。

カモミールローマンは、そういう時にはドンピシャの精油。

ストレスを感じるのは、自分の希望や期待が思惑通り達成されないから。
それでイライラッとしたり、八つ当たりしちゃったり、そうこうするうちにそんな自分に嫌悪感を覚えたり。。。

それすべて、太陽神経叢のこわばりとなって現れます。
胃の不調、のように感じられることもありますねぇ(経験者ですー^^;)

そんな時には試してみましょう、ちょうどカモミールローマン3%ホホバ、という製品もありますので、これならそのま
まお使いいただけますし、自分でブレンドしてもよいでしょう。

昨日のように、全身におこなうのはもちろんOKですし、特に太陽神経叢の座であるみぞおち付近をゆっくりと丁寧
にすることで、こわばりが溶けていきます。。。

過度の期待をさら〜っと捨て去り、現実をそのまま受け入れる心持ちになれば、また新しい1週間を穏やかに始めら
れるというものです。。。♪
 

目次に戻る
**********************************************

【月とアロマでお片づけ】

大安吉日月曜日〜。今週もがんばっていきましょう♪

ただいまは新月に向かってお月さまが欠けていく時期ですから、余分なものを捨ててお片づけをしたり、ゆっくりと
いろんな事を考えるのに適した時期。

年末の大掃除からも早や3ヶ月超。。。そろそろまた片付けないと、お部屋にはまたいろんなものが増殖していませ
んか? ウチだけですか?

物事は放置しているとどんとん無秩序に向かう。。。という、物理の法則に「エントロピーの法則」というのがあります
が、物理なんか超苦手な私が、唯一覚えている言葉であります。

法則というより、「エントロピーの呪い」というか。。。(−−;

なにもしてないのに、いつの間にかお部屋が散らかっているという怪現象!
のことですよね、要するにっ。(ちがうかも?)

そんな呪いに立ち向かうために、月とアロマの力をお借りしましょう☆

お片づけに適した時期に、ヤル気のでる香りを身に付ければ、困難に立ち向かうことも不可能ではありません。。。

というわけで、オススメなのが【アロマペンダント】。

花粉症の季節にはたくさんの方に喜んでいただいた芳香浴グッズですが、こちらは純度99%の銀。
銀は、月を象徴する金属なのだとか。

なので、身に着けることで、お月さまパワーを取り入れやすくする、とも考えられますよね♪

そして身につける香りでオススメなのが、【ユーカリ・ラディアタ】。

月が司る香り、と言われるものは何種類かありますが、わりとまったり系が多いので、ヤル気を出して片付けるぞ!
という時にはコレがよいでしょ〜。

まだこの時期も花粉症で悩まされてる方がいらっしゃると思いますが、鼻づまり解消にも適した精油ですよ。

こんな感じで、銀のペンダントでユーカリ・ラディアタの穏やかな清涼感を楽しみながら、これから1週間くらいは時間
を見つけて積極的にお片づけをしてみませんか〜? 
 

目次に戻る
**********************************************

【春もまた引き続き。。。】

そういえば昨日登場の「ユーカリ」は、鼻詰まりによいわけなのですが、鼻詰まりがとれると呼吸がラクになります
ね〜。そして呼吸がラクになると肺に新鮮な空気がたっぷりと入ってきます。

体内の風通しがよくなると、不思議なもので、心の閉塞感も薄れてきます♪
ヤル気が出るっていうのは、そういうことなんですね。
 
それに、ユーカリ独特のクールな印象の香りは、頭脳労働をしている際にもとてもよい気分転換となります。
 
春って眠た〜くって、ぼんやりしたりすることが多いのですが、ユーカリのような、程よくスッキリとした香りをくんくん
しますと、ぼやけた頭の曇りが晴れて、ものごとに集中しやすくなるんですよね♪

 ☆ユーカリ・ラディアタ
  パイン
  ジュニパーベリー

単品使いにあきちゃったら、こんな3種のブレンドも。割合はお好きにね♪
アロマポットの場合は合計で5〜6滴。

詰まりを解消し、閉塞感や疲労感を払拭し、力強く前向きにがんばろぅっ、て気持ちにさせてくれる面々です。
 
ユーカリやパインのシャープな香りに加え、温めて香らせる時のジュニパーベリーからは、なんとも心地良い甘さの
ある香りが立ち昇ってきますので、シャープさだけではない、奥深い芳香浴ができますよ〜。

というわけで、冬の間は風邪やインフルエンザ予防に大活躍したユーカリを春もまた引き続き、アレンジしながら楽し
んでいただきたいと思います♪


目次に戻る
**********************************************

【緩衝材も芳香グッズに☆】

少し前に、「使い終わった瓶は。。。」というネタを書きましたが、それをお読みになって、瓶を洗うためにリキッドエ
マルジョンをご注文くださった方が何名もいらっしゃいました(^^)うれしーですね☆

容器も扱ってはいますが、必要な時だけでいいと思いますよ。

それからさらに、私が商品をお届けする際に入れている緩衝材、概ねまゆ玉のような大きめサイズのコロコロした
ものなのですが(時々小さいのも入っていると思いますが、仕入れ時のものをリサイクルさせていただいてます。)
これらは可燃ごみで出すことができます。

でも、これももったいないな〜、と思ってくださる方が多く、使い道をいくつかご紹介いたします。

 ●自分が贈り物をする際の緩衝材として、しばらくとっておく。
  (ま、これはあたりまえ。。。^^;)

 ●お子さまや猫ちゃんの遊び道具に。(なかなか好評!)

 ●毎日のお出かけ時の携帯用芳香グッズとして。
  気軽に使い捨てできる、という点で、この使い方はオススメ♪

  軽く切り込みを入れて、その中に精油を1〜2滴染みこませるだけ。
  バッグに入れてもいいし、ポーチの中、ポケットの中、机の引き出しの中、あるいは机の上に転がしておいて、
  時々鼻の近くでくんくん。。。

  防虫剤代わりとして、タンスの中に入れておいてもいいですね。
  また、贈り物をする際にも、そういうのを箱の底の方にそっと入れておくと、箱を開けた時に「香りはすれども姿は
  見えず。。。?」、で不思議に思っていただけるかも♪

 ●水を含ませて、四方を引っ張り、ひらたくして乾かし、紙にする。
  これ、面白いですよ〜(^^;
  水をたっぷり含ませて、破らないように四方をゆっくり引っ張ってぺしゃんこにし、平らな所に貼り付けて乾かすと
  小さな(3cm四方くらい)手漉き和紙風の紙になるのです。
  (乾きにくいので、途中で洗濯ばさみなども使い、風を通すようにして、丸1日ほどかけてカリカリに乾かします。)


この状態にしてから香りを含ませて手紙の中に一緒に入れたり、花びら型に切っても可愛いですよ!
花びら型は、何枚も作って重ねると、なかなかエレガント。

ゴミにするのはいつでもできる。。。ってことで、ちょっと遊んでみてからさよならしてくださいね〜♪


目次に戻る
**********************************************

【いろんなモノに香りをつけて。。。】

昨日は、緩衝材のリサイクルあれこれを書きましたが、特に少々手間はかかるものの、最後の「手漉き和紙風に
する」というのは、なかなかですよ。

水を含ませて薄く伸ばしたものを何枚も乾かして、乾いたら花びら型に切り少し立体感も付けたりしてから、ふわふ
わっと器に入れると、雑貨屋さんで売ってるポプリみたいになるんですよ〜。

その中に、精油を含ませたものを入れておけば、とってもきれいな芳香剤♪
 
でもそんなの見てみないとイメージできないなぁ、という読者さま、ご安心ください。。。 
このメルマガ1000回を超えたら、グラフィックな感じになる予定ですので!(完全日刊ではムリだけど)

 ・・・といっても、HTML形式じゃないんですけどね(^^;

クリックぽん、で、例えば花びら型の実物写真のあるページが見られるって感じにしたいとおもいます♪

ま、そんな話は置いといて。。。

緩衝材を素敵な芳香剤にするように、身の回りのいろんなものに、香りを付けられないかな、って考えることは楽し
いことですよ〜。

例えば名刺。。。シミを付けずに香りをつけたいと思ったら、密封できる袋に精油を染みこませた紙を入れ、名刺を
数枚一緒に入れておく、という方法もありますし、名刺の側面に、精油を染みこまた綿棒をこすり付ける、という方法
もあります。(色がつかないもので。) 

また、ぬいぐるみ、なんてのもいい芳香グッズになります♪
精油を数滴付けるだけ。。。ってことではなく、ぬいぐるみをキレイにするついでに香りを付けます。

【塩】ってホコリを取るんですよね。
ビニール袋の中に粗塩を入れて、精油を数滴ポトポトと。。。そしてその中に、ちょっと汚れ気味のぬいぐるみを入れ
シャカシャカと振りながら全体に塩をまぶすように馴染ませます。

しばらくすると、塩が黒っぽくなってきますよ〜。

そしてぬいぐるみを取り出すと。。。アラ、キレイになって素敵な香り付きになってます♪
リラックス系の香りを付けてあげれば、そのまま寝る時の枕元に。。。

小さいものなら、仕事机の横に置けば、心も和んでいいですね〜。
身近にあるいろんなモノと香り、つなげて考えてみてくださいね♪


目次に戻る
**********************************************

【スティック練り香】

ちょうど週末の金曜日ですし。。。 心はずむアロマな遊び♪
スティックタイプの練り香を作ってみませんか〜。

ビーワックスが粒々タイプになったので、電子秤のように厳密に計る機械がなくても、なんとか少量で作れるように
なりました。(多少アバウトですが)

 【リップクリームケース1本分】
 ☆ビーワックス 2g(約5〜60粒)
  ホホバオイル 5ml(小さじ1)
  クラリセージ 4滴
  ゼラニウム・ローズ 3滴    

ビーワックスを湯煎して、ホホバオイルを入れ、溶け合ったら火からおろし粗熱を取ることもなく、精油を素早く滴下
して混ぜ合わせます。
あれよあれよ〜、という間にかたまってきますので(^^;スピーディに。少しくらいは香りが飛んじゃいますが、それも
考慮した場合、もう少し多めに10滴ほど入れてもかまいません。

移し変えるまでにかたまってきちゃったら、もう一度お湯の中に少し浸けてゆるめて、リップクリームケースに移し
変えましょう。滴下の遅い精油を使わなければ大丈夫ですけどね。

あとは完全に固まるのを待つだけ。。。

今回使った精油は、どちらもストレスによってホルモンバランスを崩しがちな女性にはとてもお助けになるもの。
生理中の苦痛緩和にもお助けになりますので、携帯しておくと安心ですよ。

このまま、お腹にするするっと塗ってもOKです。
 
練り香は、アルコールベースの香水ほど精油濃度が高くないので、香り立ちもさらに穏やか〜、ですが、自分の気
分転換のために、ちょっと手首に付けたりするのに、携帯もしやすく、香水よりも保存がきいてとっても便利。

熟成させる必要もなく、作ってすぐに使えますしね☆
作っている間にも良い香りが楽しめますので、ぜひお試しを〜。

目次に戻る
**********************************************

【トロッとホホバクリ〜ム☆】

さて土曜日。。。昨日はほのほのと練り香を作りましたが、リップクリームケースに作るのって、かなり慌てないと
いけないので(^^;小さい容器に作る方がカンタンですね。

混ぜられる広口の容器なら、先に容器の方に精油を入れておけば、流し込んでサクサクッと混ぜて固めることも
できます♪
 
9mlサイズのポリ容器は、とっても可愛くてオススメ☆
これを見てると、なにか詰めて誰かにあげたくなります。。。

というわけで、ハンドクリームを作ってプレゼントしてみませんか?

私が2月にクリームを山ほどつくって、小分けして、お買い物してくださった方々に差し上げたのですが、柔らかめ
のクリームを作れば、ひとつひとつの容器に注ぎいれる作り方でなくても、大きい容器にまとめて作り、後から小分
けすればOKなのです。

というわけで、9mlサイズのポリ容器5個分のレシピです。
もちろん量を減らせば1個でも作れますよ〜♪(ホホバなら冷蔵する必要はありません。常温保存でOK)

 ☆ビーワックス     5g
  ホホバオイル    40ml
  ゼラニウム・ローズ  8滴
  ローズウッド     7滴
  ROE(酸化防止剤) 1滴(ホホバ以外を使った時に)

ほんのりローズ〜、な香りが好まれやすい、素敵なクリーム。
「ハンド」以外に、カサカサの気になる肘・膝・かかと、体全体にも。

ホホバオイルの割合が高いので、使いやすいトロッとしたホホバオイル、という感じでもあり、適量使えばベタつく
こともありません♪ 浸透も素晴らしく、きっと感動されますよ〜。

ホホバオイルは酸化しにくいので酸化防止剤のROEを入れなくても心配はほとんどありませんが、その他のキャリ
アオイルを使う場合には、人にあげるということもあり、ROEを1滴入れた方が安心です。

新鮮で自然な材料で作る手作りクリーム、温かい心も込めて、大切な方へのちょっとしたプレゼントに。。。
ぜひどうぞ♪

そういえば、あと1ヶ月くらいで母の日でもありますね〜。
候補のひとつにしていただければ、うれしいです。。。(^^)
 

目次に戻る
**********************************************

【エッセンシャルハーモニー】

「アロマってなんだろう。。。?」

そんな一言からはじまった、日刊!アロマテラピーもついに995回!

「アロマ、それは例えるなら、音楽のようなもの。。。

快い音楽をぼんやりと聴き流すだけで、少し疲れた心を和ませたり、あるいは高揚させたりするように、アロマ
(香り)もまた、空気とともに無心に吸い込むだけで、心をくつろがせたり、元気づけたりしてくれます。

そして、美しい音を何層にも重ねて音楽が奏でられるように、香りもまた、重ね合わせることで、快い芳香を奏でる
ことができるのです。。。」

 ・・・てなことを書いてますが(^^;なかなかいいこと言ってたりして?

そうです。。。1000回近くの間、いろんなことをしてきたような気がしますが、基本はアロマテラピ〜ですもの、香り
を楽しむことが全て。。。

ピアノのソロが心安らかにさせるように、ラベンダーのみの香りでも充分に安らかな心持ちに導いてくれますが、
時には、フルオーケストラのような、ゴージャスな精油のブレンドに感動させられたりします♪

だから、まだまだブレンドって難しそ〜、って思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、心の導くままに、数種類、
香らせてみませんか?
時間をおいてプラスしていくっていうのもアリですよ♪

アロマポットでまず1種類香らせて、少し時間が経ってから、別の精油を追加で数滴、さらに時間が経ったら、また
次の精油を。。。

これがまた一度にブレンドするのとは少し違って、面白いんですね〜。

出来ればベースノートの長持ちする精油から始められると、重ね合わさってゆく感じがよくわかります。

 ●シダーアトラス。。。ジュニパーベリー。。。パイン。。。ベルガモットなんてリレーもいい感じ!
 あるいは、プチグレイン。。。ゼラニウム・ローズ。。。ラベンダー、とか。

ほんのりと変化してゆく香りに合わせて、心模様もゆらゆらと変えられていきます。
 
日曜の午後のひと時に、アロマテラピーの原点、楽しんでみませんか?


目次に戻る
**********************************************

【気持ちをすくい上げてくれるのは。。。】

昨日ご紹介の芳香浴リレー。

特にプチグレイン、ゼラニウム、ラベンダーは、いろいろと環境の変化などがあって、心が落ち着かないような、不安
定な気持ちの方にはオススメ。

特にプグレインは、ほんのり熱が加わると、瓶から直接くんくん。。。とした時とは印象が変って、やわらかい甘さが
前面にでてきます♪

その甘さが、快〜く、気持ちをほぐしてくれるのですねぇ。

プチグレインは自律神経を調整する働きも高いと言われているので、同じくバランス作用に優れたゼラニウムやラベ
ンダーと一緒に使うと、相乗効果を発揮してくれます。

全部ブレンドして使っても、もちろん良いのですが、まずはこの、シックなウッディー系の甘い香りにじわ〜〜〜と
浸ってみましょう。。。

イライラや不安な気持ちがだんだんと安らいで。。。いい気分に眠たくなってくるかもしれません。
プチグレインは、不眠症さんにもオススメされる精油なのです。

そして、ほどよいところで、ゼラニウムを追加。
パァッと華やかでローズィ〜な香りが広がって、落ち着いた気分はキープしたまま、ちいさくワクワクッとした気分が
沸き起こってきたりします。

芳香浴スタート時点では、イライラや不安、あるいは悲しみにとらわれていた心が、あら?随分と軽くなってきちゃっ
てるでしょ?(^^)

きっと、そうなってるはず♪

活動的な気分になってれば、そこでいろいろとしたい事をしちゃいましょ。
そしてまた、ちょっと休みたくなったら、ラベンダーをプラス。

不安定な気持ちを克服し、やるべき事がちゃんとできたな〜、という満足感を抱きつつ、仕事や作業で疲れた頭を
ほぐします。

この間、数時間の出来事として、

香りちゃんの助けを借りなかったら。。。まだずっと、イライラしたりイヤな気分を引きずったまま、ムダに過ぎてしまっ
たかもしれませんね〜。

音楽と同じように、ささやかな香りの世界もまた、そうっと助けてくれる心強い存在であることを、忘れないでください
ね〜。
 

目次に戻る
**********************************************

【ラベンダースティック!】

そういえば、1000号に近づいてもネタが前後する、思いつきメルマガの日刊!アロマテラピ〜ですが、

先日13日に作りましたスティック状の練り香。
これ、ホントに便利ですから、ぜひアレンジもいろいろしてみましょ〜。

一番使えるところでは、【ラベンダースティック】など。

 ☆ビーワックス 2g(5〜60粒)
  ホホバオイル 5ml(小さじ1)
  ラベンダー・トゥルー 10滴

ビーワックスの粒は、くっついてることもありますが、よく見て何粒あるか数えてくださいね。
私が計った時には50粒で2gになりましたが、1gは32粒でしたし。。。
○粒で2g! とは言い切れないものの、大きく違いすぎなければ固まらないことはありませんので大丈夫(^^;

ラベンダーはサラサラした精油ですので滴下もしやすく、スティックタイプも作りやすいです。

作り方は13日の通りですので、またご覧になってくださいね〜。

これ1本携帯していると、疲れた時や、イライラっとした時に取り出してフタを開けてくんくん。。。するだけでもよく、
さらに頭痛の時などは、こめかみにつけたりするのも容易です。

虫に刺されちゃった時なんかにも便利ですよ〜。

そう考えると。。。あ、あの精油で作っておこう!とか、いろいろ思いつきませんか? 

もちろん、精油を1滴にすれば、リップクリームになるんですよね(^^)

この量で作ると、実はリップクリームケースに入りきらずに、すこ〜しだけ湯煎した容器に残ってしまうのですが、
それくらいはササッと手足に塗っておけば良いですよ。 
精油濃度を低くしたい時は余ったものにホホバを少し 足して、うにうにと混ぜればOKです♪
 
自分にとっての「お守りアロマ」な精油があれば、スティックタイプのものぜひ作ってみてくださいね〜。


目次に戻る
**********************************************

【ぽちっと出たらレスキュージェル】

春たけなわ。 「肌が敏感に〜〜〜」という声を、お客さまからもよく聞きます。

私は、この春はありがたいことにアトピーは出てないのですが、それでも時々、ほんのちょっぴり。。。一番敏感な
ほっぺたとか、首筋などに、これはアトピー爆発の種では?と思われる発疹が出たりいたします。
(経験豊富だとわかるんですよね〜^^;)

体の不調というものは、あらかじめサインが出ることが多いもの。。。

頭痛だってそうですよね、なんとも言い表し難い微妙〜な気配、というものを感じられると思います。
 
そんな頭痛の時は、昨日のラベンダースティックなんかあると便利♪

そして、アトピーが出てくるんじゃ?!みたいな気配を感じた時に、私がまず使うのは、やっぱりカモミールジャーマ
ン。

カモミールジャーマンウォーターは、普段のローション基材として数種類のアロマウォーターとローテーションしながら
使っていますが、「あぶない?」と思った時の基材は、【ミネラルジェル】。

ミネラルジェルのラップ効果で、混ぜた精油が肌に長く留まり、効率よく浸透していくのを助けてくれます。

 
 ☆ミネラルジェル     10g
  カモミールジャーマン   2滴
  ベジタブルグリセリン  ちょっぴり


かすかなカユみを覚えた時やポチッと発疹が出た時に、これを即座に塗布。
冷蔵してあるので、ひんやりとした感じが炎症が起こりかけた肌に心地よくカユみも緩和されてゆきます。。。

部分的になら、も少し精油濃度を高めにして、初期の時点で炎症をなだめてしまいます。
 
もちろん、それと同時に炎症をひどくするような食生活はカット!
甘味や酸化した脂モノ、肉類、乳製品などは摂らず、野菜中心に腹八分目。

ストレス緩和のために、芳香浴ももちろんします〜。
 
これで、「あぁ、ひどくならずに済んだ〜」ということ、何度もあります。ごく最近もあったので、こうしてネタに(^^;

カモミールジャーマン原液がない場合は、カモミールジャーマン3%ホホバとミネラルジェルと半々くらいに混ぜて
使っていただいてもOKですよ。その場合は、使うたびに、使う分だけ手の平で混ぜてくださいね♪


目次に戻る
**********************************************

【ハンガリアンオイルるる♪】

そういえば、ふと思いついたのですが、【ハンガリアンウォーター】って、ありますよねぇ。
アロマテラピーを知った後、誰しも耳にすることのある伝説のローション。

その伝説とローションレシピについては、昨年9/10、11日のメルマガに書かせていただきましたので、よかったら
また読んでみてくださいね〜。

で、なにを思いついたかというと、ローションがあるならばブレンドオイルがあってもいいじゃない?と。

ハンガリアンウォーターに使われる精油は、カンキツ系が多く、光感作性が心配なため、夜専用☆にいたします。
そしてベースとなるオイルも、夜のスペシャルにふさわしいものを。。。


 ☆ローズヒップレッドオイル  1本(25ml)
  ローズマリー・シネオル   2滴
  ラベンダー・トゥルー    1滴
  オレンジ・スウィート    1滴
  レモン           1滴
  ROE(酸化防止剤)    1滴


精油濃度は約1%。 使ってみて、もう少し薄めたいな、と思ったり、連用するために濃度を下げたいと思った場合は
使用される際に、手の平で別のキャリアオイルで倍量に薄めてください。

あるいは逆に、今日はガツンときかせたい!という時は、ネロリ3%ホホバなどを使いましょう。
これも半々くらいで手の平で混ぜればOKです。

そして、ローズヒップは酸化しやすいのが弱点のオイルですので、要冷蔵。
それでも開封頻度が高いと、その度に空気に触れることになりますので、25ml作った後、5mlか10mlのドロッパ
ー瓶等に小分けして冷蔵しておくことをオススメします。

そして冷蔵庫の奥にキープしておいて、1本ずつ使います。。。
とはいえ、早めにお使いいただきたいので、どなたかにプレゼントされてもよいですね♪ 
もうすぐ母の日もありますし!
 
ローズマリーは、たるみがちなお肌をキュッと引き締めるので、老化肌にはよいお助けとなります。。。
カンキツ系も、相乗効果を高めるのが得意なラベンダーとともに、肌の活力剤として働きますよ。

ローズヒップは、老化防止の美容オイルとしてはNo1! 

というわけで、ありそでなかった?【ハンガリアンオイル】、お試しを〜♪
 

目次に戻る
**********************************************

【基本に返って。。。】

そして一気に基本に返ってみたりして。

アロマテラピーの基本、初めの一歩。。。そして習慣にすることが最も容易な方法は、【アロマバス】です。

あまりにもカンタンなので〜、軽〜く見られがちかもしれませんが。。。

誰にでも簡単にできること、効果が高いこと、続けやすいこと、こんな条件をすべて満たした方法ですからね〜。
基本的なこと、素朴な方法、っていうのは、どんなジャンルであっても実は最高の方法だったりします。

ささやかなコトをバカにしてはいけません。

1000回にもわたって、いろ〜〜〜んなコトを書いてきましたが、最後はせめて、「アロマバスくらいやってみよー
かな♪」と思っていただければ、書き続けてきた甲斐があるというものです〜。

お風呂には、まず水がたっぷり♪ ざっぱ〜ん、ぴしゃ〜ん、と動き回り、役目を終えたらサラ〜と去ってゆく、生き
生きとした水。
水が豊富な日本に生まれ。。。あたりまえのように、ザブザブと大量の水を使う毎日、私達は、ものすごい贅沢な
思いをさせてもらってるのですねぇ。

そこへまた、海外から伝わったアロマテラピーをプラスすると。。。
申し訳ないくらいの贅沢さ! 自分では庶民だと思っていても、実はセレブどころか、王様のような贅沢をしている
ことになるのです。

たっぷりの湯水で体を清めるだけでも、目にみえない邪気のようなものまで洗い流すことはできます。
そして、その体にさらに【香り】が加わることで、浄化力は高まり、新たなエネルギーを充填することも可能になるの
ですね〜。

好きな精油をほんの数滴入れるだけで、心のバランスや落ち着きを取り戻し(それはすなわち、本当の自分を取り
戻すことです。。。)、新しい明日を生きるための活力をつけることができます。

胸の奥まで、たっぷりと芳香をふくんだ空気を吸い込み「香りのちから」を感じてください。。。

毎日の入浴は、生命の洗濯場。 
ぜひ今夜も、植物の魂が奏でる美しいメロディーに身を浸してくださいね♪
 

目次に戻る



お買物ページ
TOPエッセンシャルオイルE−Conオリジナルブレンド精油キャリアオイルアロマウォーター手作りコスメ基材クレイ
はじめてさんセット容器・遮光瓶等アロマペンダントアロマミスト
情報のページ
ご注文・お支払い方法E−Conceptionとはアロマテラピーの基本アロマテラピーもっと敏感肌・アトピっ子の部屋
特定商取引に基づく表示店主のオススメコスメライフ
精油で作るNatural Perfumesアロマな家事いろいろ
ボディトリートメントアロマティック・ヘアケアメルマガバックナンバー妊娠中のアロマテラピー
カートをみる