aromafan.comトップへ  コスメ基材トップへ

ビー・ワックス(蜜ろう)



計量しやすい粒々タイプに変りました。
このフタを開けた時の香りだけでも心地良い。。。キャラメルみたいな感じ(^^)


オーストラリア産の、天然未精製の蜜ろう
蜂の巣から採取され、蜜蜂の吸った花の香りが影響するために、これ
自体が甘い素敵な香りをもっているのが魅力。

フローラル系の精油を入れてクリームを作るとよく合います。
最も基本的なクリーム基材で、作りやすく初心者向けでもあります。
非常に酸化しにくく、長期保存できるのも安心。

用途・・・ハンドクリーム、リップクリーム、練り香など


●店主配信のメルマガでビーワックスが取り上げられているものの一部です。
 よろしければ参考になさってくださいね〜。
 ビーワックス1      



ビーワックス 50g 840円 



基本のハンドクリームの作り方(濃度1%以下)

材料・・・ビー・ワックス5g・ホホバオイル25ml
     精油4〜6滴(ゼラニウム・ベンゾイン等、お好みで)
     ガラス容器

作り方
1.ビー・ワックスをビーカー、もしくは耐熱容器に入れて、湯煎に
  かける。
2.溶けたらホホバオイルを入れて、よく混ぜる。
3.液状のままよく混ざったら、火から下ろす。
4.ガラス容器に流し入れ、精油を入れてよく混ぜる。
5.冷えて固まったら出来あがり。

小さな容器に入れれば、
リップクリームにも。

精油濃度を高めれば、
練り香として楽しめます。
(5%濃度で30滴、15%濃度で90滴必要です。)


リップ&アイケアクリームの作り方
(リップクリームケース4本分・精油濃度約0.4%)

材料・・・ビーワックス 5g ・ アボカドオイル 10ml
      ホホバオイル 10ml
      フランキンセンス      2滴

       ROE(天然酸化防止剤)  1滴
       リップクリームース      4個

作り方
1.ビー・ワックスをビーカーに入れて、湯煎にかける。
2.溶けたらホホバオイルとアボカドオイルとROEを混ぜたものを
  入れて、よく混ぜる。
3.液状のままよく混ざったら、火から下ろす。
4.精油を入れてよく混ぜる。
4.速やかにリップクリームケースに注ぎ込む。
5.冷えて固まったら出来あがり。


唇にも乾燥しがちな目元にも、両方に使える便利なクリーム。
スティック状だと塗りやすい♪

アボカドオイルのみでも作れます。栄養たっぷりオイルでツヤツヤに。

リップクリームの作り方の一例を画像で解説しています。

このページを終了するには、ブラウザの「閉じる×」ボタンをクリックしてください。

http://www.aromafan.com/