aromafan.comトップへ  エッセンシャルオイルトップへ

ベルガモット



英名(Bergamot) 学名(citrus bergamia) ミカン科


ベルガモットFCFの「FCF」は、「frocoumarin free」の略で、光感作作用
を起こすフロクマリンという成分を除去し、日中でも使用できるようにしたものです。


産地  イタリア

抽出部位  果皮

抽出方法  冷圧搾法

原料グレード ベルガモットは Organic(有機栽培) 

ベルガモットFCFは Select 

それぞれ100%ピュアナチュラル

香りのノート  トップ

香りのタイプ  カンキツ系


香りを一言で表すと・・・

最も高貴なカンキツ系の香り


なんといっても、この素晴らしい香りが魅力。店主、かなりのお気に入り。
アロマテラピーの中でもかなり重要な精油であり、ブレンドを楽しむ上でもなくてはならない香りです。

注意・・・ただ、強い光毒性(光感作性)があるため、日中は肌に使用してはいけません
数日間続くこともあると言われますのでトリートメントで使用する際も、日中は服に隠れる部分への使用が
おすすめです。


当店では、「ベルガモットFCF」という、光毒性を起こす成分を除去した精油も扱っています。
こちらは日中でも安心
して使用できます。香りは、やや穏かな感じになります。
店主は、リスクを含んだベルガモットの香りの方に魅力を感じますが・・・。

心を鎮静させるととも高揚させる作用があると言われています。
不安や悲しみ、あるいは怒りでバランスを失った心を落ち着かせ、明るく前向きな気分にかえてくれるのでしょう。

また、大きなストレスから感情が麻痺したようになった場合、視床下部(自律神経の司令塔で、体温や新陳代謝、
呼吸などの生命活動を司る器官)を安定させるとも言われています。

他のカンキツ系と同様、消化器系機能調整作用があると言われます。
食欲がない状態や、消化が進まない状態だけでなく、ありすぎる食欲を適正に導く働きもあるそうです。
また、精神的ストレスからくる胃の不調のケアには特に適しています。

抗菌作用があるとも言われています。
伝統的に泌尿器系の感染症に用いられてきた歴史があります。
膀胱炎になりやすい女性は多いものです。なってしまったら病院に行くとしても、その予防に力を貸してくれる
のではないでしょうか。座浴、腰浴などで。

風邪の予防に蒸気吸入したり、無香料の液体石鹸に混ぜたりしても。
また、水やエタノールに混ぜて空気を浄化するルームコロンにも。

デオドラント作用も期待できることから、ジェルやオイルに混ぜて気になる場所に塗布しても。
FCF」なら、日中でも安心。

スキンケアにも、殺菌・消毒作用があると言われていることから、よく利用されるようです。
ニキビ・オイリー肌などに手作り化粧水等で試されたい時には、光感作性のない「FCF」のほうが安全です。


●店主配信のメルマガでベルガモットが取り上げられているものの一部です。
 よろしければ参考になさってくださいね〜。
 ベルガモット1         10


ベルガモット5ml 1690円 

ベルガモットFCF5ml 1560円 

ブレンドすると良く合いそうな精油達

ネロリ 
とても良く合います!
貴婦人のようなエレガントな香りになります。
これはぜひ体験してほしいですね♪

ユーカリ 
抗菌ペア。香りもシャッキリさわやか。
お部屋の浄化やトイレの消臭に。
気分転換にもぴったりです。

ゼラニウム 
フローラル系と良く合うんですね。
これはスキンケアにもよい組み合わせです。
普通肌〜脂性肌さんに。

その他
ラベンダー・イランイラン・ペパーミントなど。
なんでもOKと言ってもいいくらいです。
ベルガモットがあればブレンドが楽しくなります。


例えばこんなレシピで

贅沢な香りに包まれて眠る・・・
貴婦人の芳香浴

ベルガモット
ネロリ
お湯

 3滴
 2滴
 少し

普通肌〜脂性肌さんローション 
ゼラニウムローズウォーター
無水エタノール
グリセリン
ベルガモットFCF

 95cc
 5cc
 少々
 2滴



「あるサキコの物語」

「じょおうさま」
「じょうおうさま」

読み方はよくわからないが、この香りは私にとって「女王様」だ、
とサキコは思う。

サキコは一日の始まりと終わりには、必ず女王様に謁見する。

女王様は、いつも変わらぬ優雅なたたずまいで、サキコを迎える。
そして、その芳しく高貴な香りを、惜しむことなくサキコに与えてくれる。

楽しい日、悲しい日、まぁまぁの日、スペシャルな日。。。

女王様は、いつもサキコに語りかける。なにがあっても、責めることはない。
「あなたは、いつもあなたのままで。」と。。。


このページを終了するには、ブラウザの「閉じる×」ボタンをクリックしてください。

http://www.aromafan.com/