aromafan.comトップへ  エッセンシャルオイルトップへ

シナモン・リーフ


「あるメグミさんの物語」

ぷ〜んと甘い〜、すてき〜な〜香り〜〜〜♪、これってお菓子作る時
に入れるよね〜?」

食いしん坊のメグミさんは、スパイスの香りには特に敏感であった。

さっき、ハンバーグを食べたぱかりだというのに。。。

シナモン = お菓子 = 別腹。

「シナモンたっぷりきかせたアップルパイとか。。。♪」
想像するだけで、ウキウキである。

このウキウキ感、シナモン効果か、それともアップルパイ効果?


・・・しかし、ふと心をかすめるシナモンの別称、【肉桂】。

さらにぽっちゃりするかもしれないわが身に、やはり一瞬ひるむものの
このワクワク感は止まらない!

これもまた、シナモンパワー?


・・・それともアップルパイ。。。


英名(Cinnamon Leaf) 学名(Cinnamomum zeylanicum) クスノキ科

産地  スリランカ

抽出部位  葉

抽出方法  水蒸気蒸留法

原料グレード  Select 100%ピュアナチュラル

香りのノート  トップ

香りのタイプ  スパイス系


香りを一言で表すと・・・

甘く、スパイシ〜で美味しそうな、ほっこりする香り


刺激強めの精油ですが、特に冬の芳香浴用にあるとうれしい香りです。
慣れれば、トリートメントでもお役に立つこと、アレコレ。。。

注意・・・皮膚刺激の可能性がありますので、使用量、頻度は控えめに。
また、妊娠中の方、授乳中の方、お子さまは使用を避けてください。


スパイスの甘くす〜〜〜っとする、美味しそうな香りが〜〜〜、 シナモンの魅力。

シナモンの香りは、食欲をそそり、明るく元気な気持ちにさせてくれますね♪
ナツメグ同様、甘くスパイスィ〜な香りは、心を温め、励まし、元気づけてくれます♪

寒い季節には、しょんぼりとした気持ちになりやすいもの。。。ぬくもりをくれるこんな香りが必要です。
他のスパイス系精油やカンキツ系精油とブレンドしても、よい香り。

冷え性さんにおすすめです。

加温性が高く、フットトリートメントなどに使うと、足がポカポカしてきます。
血液循環を刺激してくれるので、血行の悪い冷え性さんには、この点でも相乗効果が期待できます。

また、上記のような特性から、筋肉痛や関節炎、リウマチ痛のケアにも適しています。

消毒作用が高く、消化器系の不調にもよいので、お腹などをトリートメントすると、消化器系を元気にさせるお手伝
いをしてくれますし、風邪の症状も和らげてくれると言われています。

スパイス系の香りは食欲を増進させたり、消化を助けたり、という働きも期待できます。

シナモン精油は、身体全体を強壮する、と言われています。
循環の滞りがちな寒い季節。。。時には全身のトリートメント時に、参加させてみましょう。
(濃度には注意しましょうね〜)

内分泌系を刺激するため、月経痛を緩和し、少量月経を正常化したり、という働きも期待できるそうです。
さらには催淫性もほんのりと。。。?

皮膚刺激ら注意しつつスキンケアに利用すれば、収れん作用が期待できます。
虫さされや、水虫への適用、また、しらみやイボの除去にも適しているとか。

とはいえ、一番の魅力は、この香り♪
冬の芳香浴の幅がグッと広がって、楽しいものとなることは間違いありません!


シナモンリーフ5ml 1176円 

ブレンドすると良く合いそうな精油達

ベンゾイン50%ホーリーフ 
甘い香りがシナモンとベストマッチ!
楽しい芳香浴に。。。時にはトリートメントにも。

ナツメグ
シナモンとよく似た働きのナツメグ。
ブレンドすれば相乗効果も望めるうえ、香りもGood。

オレンジスウィート 
スパイス系と相性が良いのがオレンジの香り。
食欲不振時にも、とっても良い芳香浴ブレンドになります。
スパイス系精油の刺激を緩和する働きも。

その他
ジンジャー、フランキンセンス、グレープフルーツ、パイン等
いろんな精油とお試しくださいね〜。


例えばこんなレシピで・・・

冬のポカポカトリートメント
(濃度1.5%)
 

この組み合わせで、ぜひ芳香浴も♪

マカダミアオイル
シナモンリーフ
ベンゾイン50%ホーリーフ
オレンジ・スウィート

 20cc
 2滴 
 2滴
 2滴

 
風邪ひきさんのトリートメント
(濃度1.5%)
 

ボディマッサージブレンド
シナモンリーフ
ベルガモット

 20cc
 2滴
 4滴

このページを終了するには、ブラウザの「閉じる×」ボタンをクリックしてください。

http://www.aromafan.com/