aromafan.comトップへ  コスメ基材トップへ

ココアバター
(有機栽培)




チョコレートに含まれるココア豆から抽出される脂肪分
保湿効果が高く、肌にも早く浸透します。
乾燥肌の方のクリーム作りにおすすめですね。

ハンドクリームなどでビーワックスとブレンドして使うと、ビーワックスのみよりも
やわらかい出来上がりになり、使いやすくなります。(ページ一番下のレシピ参照)
肌もやわらかく滑らかになる感じがあります。

固形ですが、カットするのに力はいりません。 サクッと切れます。

ココアバターで作られたクリームは、作りたてから数日間は液状になりがち
ですが、次第にクリーミーになってきます。
気長に楽しみにお待ちくださいね。(冷蔵庫に入れればすぐに固まります。)

ただ、ニキビ肌の方には不向きですので、脂性肌の方が使用される場合には、
10%未満の濃度で、他のオイルなどと合わせて作られることをおすすめします。


非常に酸化しにくいので、長期保存できます。

また、天然のものですので色味や香りが変わることがありますが品質に差はありません。
チョコの香りが強い時と、弱い時もありますので、どうぞご了承くださいませ。。。



●店主配信のメルマガでココアバターが取り上げられているものの一部です。
 よろしければ参考になさってくださいね〜。
 ココアバター1         


ココアバター 50g
 取扱い中止しました


成熟・乾燥肌のしっと〜りクリーム
(素晴らしい香りで心も肌も癒されます)

材料・・・ココアバター  15g
     マカダミアオイル  15ml
     ジャスミンAbs  2滴
     ROE(天然酸化防止剤)  1滴

作り方
1.ココアバターとマカダミアオイルを湯煎にかけて溶かす。
2.完全に溶けたら、火から下ろし粗熱をとる。
3.ジャスミンAbsを入れて、よく混ぜる。
4.じっくりクリーミーになるのを待つ。冷蔵庫に入れるとやや固くなりますので
  涼しい場所なら常温で保存しても。


乾燥肌のチョコレート・ボディバー

材料・・・ココアバター          15g
      マカダミアオイル        5ml
      ベンゾイン50%ホーリーフ  3滴

作り方
1.ココアバターを湯煎で溶かし、マカダミアオイルを加えてさらに溶かして
  火からおろします。
2.ビーワックスほど慌てる必要もないので、滴下するのに時間がかかっちゃう
  ベンゾインも、まったりと滴下させて、よ〜く混ぜます。
3.お好きな型や容器に入れて固めます。
  冷ましてる間にも、美味しそうな香りが楽しめますよ。
4.固まるのが遅くても心配しないで放置しておけば、ゆ〜っくり固まります。
5.固まるとかなり固くなりますので、そのままではちょっと使いづらい。
  というわけで。。。容器から外します。
6.固めた容器よりも大きい器にポットのお湯を入れ、その中にクリーム容器を
  入れます。
  すると、すぐに周辺が溶けてきますので、引き上げて、竹串等でツンツンと
  つついて、スルッと取り出します。 これはまるでホワイトチョコレート♪
7.少し置いておくと、再び固まりますので、その塊を手で持って、お風呂上り
  などに、肌にすべらせるようにして使います。
  これが、けっこう使いやすい!
  肌に当てると、す〜っと表面が溶けて適量が塗れるのです。
  手についた分もすり込めば、あっという間に全身しっとりすべすべ。
  保存はフタ付きの容器に入れておけばOKです。


お顔はもちろん、全身に使える万能クリーム

材料・・・ ココアバター          3g
       ビーワックス          3g
       ホホバオイル         18ml
       ベンゾイン50%ホーリーフ  1滴
       ゼラニウム・ローズ       1滴

作り方
1.溶けにくいビーワックスを湯煎で溶かしたあと、ココアバターを入れさらに
  溶かします。
2.ホホバオイルを加えて、すべて溶かし合わせたら火からおろします。
3.粗熱がとれたら精油を滴下して、よく混ぜます。
  お顔用の精油濃度になっていますが、ボディ専用にされるなら、5〜10滴
  入れても。
4.容器に入れ、固まるまでに少し時間がかかりますが、ゆっくり待ちます。
5.酸化しにくい材料ばかりなので、涼しめの常温保存でOK。
  やわらかいので、指ですくい取って使いやすいのが特徴です♪

このページを終了するには、ブラウザの「閉じる×」ボタンをクリックしてください。

http://www.aromafan.com/