お買物ページ
TOPエッセンシャルオイルE−Conオリジナルブレンド精油キャリアオイルアロマウォーター手作りコスメ基材クレイ
はじめてさんセット容器・遮光瓶等アロマペンダントアロマミストアロマポット
情報のページ
ご注文・お支払い方法E−Conceptionとはアロマテラピーの基本アロマテラピーもっと敏感肌・アトピっ子の部屋
特定商取引に基づく表示お客様の声
精油で作るNatural Perfumesアロマな家事いろいろ
ボディトリートメントアロマティック・ヘアケアメルマガバックナンバー妊娠中のアロマテラピー
カートをみる


店主のオススメコスメライフ


こちらのページでは、店主の春夏秋冬のコスメライフの中でも特にオススメの手作りコスメをご紹介します。

数ある中でも、これはかな〜りいいな、と思うものや、お客様からも「よかった♪」と言われたもの、また、新たに
作ったもの、なども、今後はこちらにUPしていきます。

ちなみに店主は敏感・乾燥・アトピー肌。
どうしても、乾燥肌寄りのレシピが多いのですが、スキンケアの基本は保湿。肌質のちがう方にも、参考にしていた
だけるのでは、と思います。

また、グリセリンやオイルの量を加減すれば、カンタンに自分に適したコスメを作ることが出来ますので、チャレンジ
していただければ、うれしいです。。。♪

精油なども、お好きなものでアレンジしてくださいね〜。


春のコスメライフ(3〜6月)夏のコスメライフ(04.7〜8月)秋のコスメライフ(9〜10月)冬のコスメライフ(11〜2月)もどうぞ。


  洗顔保湿下地クリーム日焼け止めクリームクレンジングクレイパック
  オイルトリートメント万能クリームハンドローション 



●手作りコスメに関しては、こちらのページの項目11と12も参考にしてくださいませ。
 店主配信のメルマガで手作りコスメを取り上げた時の記事です。



店主手作りコスメの一部。


 洗顔・・・手作り低刺激石鹸

材料・・・ソープ・ヌードル100g・マカダミアオイル10ml・カモミールローマンウォーター50〜75ml
     パチューリ7滴・ベンゾイン50%ホーリーフ7滴 ・オレンジスウィート7滴

     石鹸を固めるための型。なんでもOK。
     (マカダミアオイルは20mlまで入れられます。)


作り方・・・1.ソープ・ヌードルとカモミールローマンウォーター50mlを弱火にかけて混ぜながら溶かす。
       2.混ぜにくくなったら、少しウォーターを足して、さらに混ぜて溶かす。(私は足しました。)
       3.ブツブツが少なくなり、半透明のような感じのジェル状になったら火から下ろす。
       4.マカダミアオイルを10mlと、精油を入れて、よく混ぜる。
       5.型に入れ、冷まして固める。(固まりにくかったら冷凍庫で固める。)
       6.固まったら、型から出して風通しの良い場所で2〜3週間乾かして出来上がり♪

・・・私の場合、石鹸洗顔するのは夜だけですが、脂性肌や若い方は朝も洗顔なさった方がいいかもしれません。
  ただ、敏感で乾燥肌だという自覚のある方は、石鹸洗顔は夜1回、あるいはしなくても。。。いい場合すらあります。
  石鹸洗顔する時は、よ〜く泡立てて、ササッと洗いましょう。あまり時間をかけると洗いすぎになります。
  このレシピの香りは、アジア〜ンな雰囲気で、爽やかですよ♪乾燥させてる間もいい香り!



  
保湿・・・ローション

材料・・・カモミールジャーマンウォーター&カモミールローマンウォーター 
     ベジタブルグリセリン 適量

作り方・・・
シャカシャカ混ぜるだけ。

・・・アロマウォーターはお好みのものでOKです。
  グリセリンは入れた方が、保湿力はUPします。さらに保湿力を求める時はリポゾームも。
  精油を入れることも可能です。



 保湿2・・・しっとりアロエジェル

材料・・・アロエジェル 30g
     ベジダブルグリセリン 小さじ半分弱
     リポゾーム 2ml(小さじ半分弱)
     マカダミアオイル 2.5ml(小さじ半分)
     ローズウッド   2滴
     サンダルウッド 2滴


・・・ジェル基材がしっかりしていて安定感のあるアロエジェルは、水分やオイル分の保持力がミネラルジェル
  よりも高く、しっとり感のほしい肌にはぴったりです。リポゾームやオイルも、ミネラルジェルより少し多めに
  入れても大丈夫。
  精油は敏感・乾燥肌向きですが、とても落ち着く素敵な香りですよ!
  キャリアオイルは、センテラオイル、アボカドオイル等でも。

  さらに、お化粧する日は、下地として下記のクリームを使用します。



 
下地クリーム

材料
・・・乳化ワックス 10g
      ホホバオイル(ROE 2滴) 5ml
      マカダミアオイル 7ml
      シアバター 3g
      ローズウォーター(GSE 10滴) 80ml
      フランキンセンス 4滴
      パルマローザ 3滴
      ネロリ 3滴
      TGR 10滴

 作り方・・・「コスメ基材」の乳化ワックスの詳細参照(別ウィンドウで開きます)

・・・顔全体に薄くのばします。ベタつきはほとんど感じません。
  
精油のブレンドも、なかなかいい香りなんですよ。シワ予防、皮脂バランスなどを期待してます。



 日焼け止めクリーム
 
 SPF値は必要充分で安全な10程度。
                      鉱物系サンスクリーン剤のみを使ったマイルドなレシピ。

材料・・・クリームベース   1コ(100g)※使用量は80g
       ホホバオイル    大さじ2(30ml)
       酸化亜鉛      1コ(小さじ2)
       二酸化チタン    1コ(小さじ2)
       ベルガモットFCF   3滴
       ローズウッド      3滴


 作り方・・・1.クリームベースを開封して、まず20g減らします。
          他の容器に一部お引越し。。。

         2.ホホバオイルをやや広めの容器に移して、そこへ少しずつ酸化亜鉛と
           二酸化チタンを加えていきます。
           一度に入れるとダマになりやすいので、面倒でも少しずつ入れます。
           ちまちま入れながら一生懸命混ぜていると、白っぽい乳液状になってきます
           ので、よ〜く混ぜます。

         3.とろとろに混ざり合ったら、容量を少し減らしたクリームベースの容器の中
           へ少しずつ混ぜていきます。
           これも全て混ざり合うと、溶けかけたアイスクリームみたいに、ふにゅ〜ん
           とした柔らかいクリームになります。

         4.精油を入れる場合は、この時に滴下して、一緒に混ぜます。
           この2つなら、初夏を思わせる、爽やかな香り♪
           (新鮮な香りをずっと楽しみたい場合は、クリームを小分けして、なくなる
            度に、こまめに混ぜると良いですよ。)

         5.容器にゆとりがあって、クリームが戻せそうなら、お好みで戻します。
           (ここらへんテキトーですが、使用感をみながらしてください^^)

 
          ちなみに、クリームベースにはもともとROEとGSEという保存剤が入っ
          ていますが、これらに殺菌の働きはありません。
          心配な方は、TGRという新保存剤を10滴ほど入れるとさらに安心です。

 
・・・顔全体に薄くのばします。もちろん身体にも。化学系のサンスクリーン剤を使わない日焼け止めの肌への負担の少なさは感激。
  店主、市販の日焼け止めのせいで、毎夏首周りにトラブルが起こりがちでしたが、今はつるつるです♪
  肌にやさしい分、こまめに塗りなおす必要はありますよ。

 



 クレンジング・・・お化粧落とし

材料・・・ホホバオイル&グレープシードオイル&マカダミアオイル 30ml
      ラベンダー 2滴 ゼラニウムローズ 2滴


作り方・・・他にも、手持ちのキャリアオイルでお好みの使用感にブレンドしてみてください。
       ホホバオイルは入れた方が毛穴の汚れが落ちやすいようです。
       精油はお好みのもので♪(入れなくてもOK。)

・・・肌にとてもやさしいクレンジング。洗い流してサッパリ!とはしませんが、その分肌に負担がかからず安全。
  敏感肌や乾燥で困っている方には特にオススメです。この後石鹸で洗えばしっとりとした洗いあがりに。



 クレイパック・・・お肌のお掃除


材料・・・ホワイトクレイ大さじ1
     ローズウォーター 小さじ1

     マカダミアオイル 小さじ2分の1弱
     ローズ3%ホホバ 5〜6滴くらい

使い方・・・
クレイにウォーターを加え、数分放置して水分を含ませる。
       ローズ3%ホホバを加え、よく混ぜる。
       顔全体に均一に伸ばして、10分程度乾かしてから洗い流す。

・・・どんな肌質の方でも試せる穏やかなホワイトクレイ。最初にお試しになるのに適しています。
  ローズ3%ホホバを使えば、カンタンにローズの華やかな香りを体感できます♪
  肌の弱い方は、乾ききる前に洗い流して。しあがりはしっとりサッパリつるるん。

  


 オイルトリートメント1

材料・・・ローズヒップまたはボリジオイル 手の平に1円玉大くらい
      カモミールローマン3%ホホバ  2〜3滴

・・・これくらいの割合で、フェイスケアに適した精油濃度になります。
  
カモミールジャーマン3%、ローズダマスク3%、ネロリ3%などでもOK。
  高価な精油が、リーズナプルにトリートメントに利用できます♪脂肪酸オイルのパワーも堪能できます。


 万能クリーム・・・リップクリーム&アイクリーム等に

材料・・・シアバター3g
     ビーワックス2g
     マカダミアオイル10ml
     ROE 1滴
     サンダルウッド 1滴
     フランキンセンス 1滴


作り方・・・ビーワックスを湯煎にかけて溶かす。
       シアバターを追加してさらに溶かす。(ビーワックスのほうが溶けるのに時間が
       かかるので、先に溶かす)
       マカダミアオイルとROEを入れて、よく混ぜながらさらに溶かす。
       火からおろし、粗熱がとれたら精油を加え、容器に移す。


・・・ほんのりと淡いクリームイエローの、かわいいクリーム。
  冷蔵庫に保存してもそれほど固くならず、肌にのせればとろりんと溶けます。
  このクリームを唇に塗って、ラップをしばらく貼り付けておくと、ほんとにしっとり潤います。
  乾燥を感じたら一日に何度でも使います。

  
敏感な目元のアイクリーム、おやすみ前のハンドクリームとしても優秀。




 ハンドローション・・・美肌水アレンジローション


材料・・・(原液レシピ)冷蔵庫で保存このままでは使えません!
               ネロリウォーター      100ml
               尿素              25g
               ベジダブルグリセリン    小さじ半分
                    
      (使用時は・・・)薄めたら1週間くらいで使い切る。夏は冷蔵庫へ。
       上記の原液を5〜10倍に薄めて使用します。
                基本的に顔には10倍。身体には5倍とします。

                原液            5ml
                ローズウォーター    25ml (5倍)
                ベジダブルグリセリン  少々(しっとり好みの場合)
                ローズウッド        1滴
                (GSEまたはTGR    3滴)・・・これを入れればさらに安心

「美肌水」とは、雑誌「ゆほびか」で紹介されて以来、全国で大人気の手作り化粧水です。
発案者はお医者さまの今井龍弥先生。
店主も数年前から、主にホディ用、ハンド用として愛用し続けています。
これは、ただでさえスゴイ美肌水をアロマウォーターと精油でさらにパワーUPしたレシピです。
 
・・・ハンドクリームはどうしてもベタつきが気になり、乾燥気味でも日中は使いにくいもの。
  
このローションを手元において、一日に何度でも使っていると見違えるようにすべすべの手になります。
  
ただ、小さいキズがあると尿素がしみたり、まれに肌に合わない場合もあるのでパッチテストは必要。
  
もともとのレシピは水道水を使うものですが、アロマウォーターで作ったら、もう大大満足!

(尿素は、園芸店、または薬局で購入することができます。)


参考文献・・・「肌の悩みが消える美肌水」(今井龍弥)マキノ出版


お買物ページ
TOPエッセンシャルオイルE−Conオリジナルブレンド精油キャリアオイルアロマウォーター手作りコスメ基材クレイ
はじめてさんセット容器・遮光瓶等アロマペンダントアロマミストアロマポット
情報のページ
ご注文・お支払い方法E−Conceptionとはアロマテラピーの基本アロマテラピーもっと敏感肌・アトピっ子の部屋
特定商取引に基づく表示お客様の声
精油で作るNatural Perfumesアロマな家事いろいろ
ボディトリートメントアロマティック・ヘアケアメルマガバックナンバー妊娠中のアロマテラピー
カートをみる



http://www.aromafan.com/