aromafan.comトップへ  エッセンシャルオイルトップへ

フランキンセンス


英名(Flankincense) 学名(boswellia carterii) カンラン科


産地  ソマリア

抽出部位  樹脂

抽出方法  水蒸気蒸留法

原料グレード  Select 100%ピュアナチュラル


香りのノート  ミドル

香りのタイプ  バルサム(芳香性樹脂)系


香りを一言で表すと・・・

快い甘さとシャープさを併せ持つ香り



別名、「オリバナム」「乳香」とも言います。
英名は、中世フランス語で「フランク・エンツェンス」、貴く豪華な薫香を意味する言葉からきており、まさに
その通りの香りです。
(※「薫香」とは、その昔、人と神を結ぶ儀式等で樹脂や香木を焚くことで災いを祓い、清めたこと。)

イエス・キリストへの供物のひとつとしても知られ、古代から長い歴史をもち大切にされてきた香りのひとつです。
ある時は瞑想や祈りの儀式で、またエジプトのファラオの遺体保存にも使われたとか。

現代においても、この魅惑的で神秘的な香りは心の奥深くに働きかけ、不安や恐怖を取り除き、元気と慰め
与え、心を平安に導いてくれます。
ショックを受けた時や、イライラしがちな時、心が傷ついている時、落ち込んでいる時などに。

呼吸をゆっくりとし、また深くさせる作用があると言われています。
ゆったりとした呼吸を続けるうちに、頭の中を占める雑念が払われてさっぱりと落ち着いた気分になれるでしょう。
緊張で身体が固くなっている時にも、呼吸を深めることで緊張が解けてリラックスしていきます。

呼吸器系になんらかの不調がある時にも、この呼吸を深める作用はよい働きをするでしょう。

肺・鼻・喉の粘膜を鎮め、過剰な粘液を排出するよう働きかけるそうです。息切れや喘息の発作時にも。
また、鼻水、鼻詰まりに蒸気吸入で試されてはいかがでしょうか。
オイルに希釈して胸部をトリートメントするのも気持ちがいいでしょう。

スキンケアでも大人気の精油です。
若返りとして古代からも利用されてきましたが、成熟肌・乾燥肌へのよい働きがあると言われ、注目されています。
肌をやわらかく、しっとりしたものへ導いてくれるとか。。。
シワ対策には、ぜひチョイスしたい精油です。

あかぎれや傷ついた肌の修復にも。
樹脂は木の傷を癒すもの。その働きが私たちのためにもなってくれるんですね。


この精油は店主のお気に入りのひとつです。
とてもやさしく心地よい芳香は、いつまでも包まれていたいと思わせます。
そして、店主の乾燥&老化シワ改善計画実践中(^^;。


●店主配信のメルマガでフランキンセンスが取り上げられているものの一部です。
 よろしければ参考になさってくださいね〜。
 フランキンセンス1       


フランキンセンス5ml 2580円 

ブレンドすると合いそうな精油達

ミルラ 
キリストへのもう一つの供物。
働きの点でも良く似ており、バルサム系の香りです。
古代の香りにひたってみましょう。

ベンゾイン
50%ホーリーフ

こちらも、呼吸を深くする作用があると言われています。
甘い香りに、ホーリーフのさわやかさがのっていい感じ。

グレープフルーツ 
おとなしめのカンキツ系がよく合います。
穏かな芳香が空気を浄化し、心を静めてくれそうです。

その他
ネロリ・ローズ・ゼラニウムなど、スキンケアに良いとされ
る精油達とも相性抜群です。
ぜひ、合わせてみてください。


例えばこんなレシピで

目元しっとりアイクリーム 
(濃度0.5%)

冷蔵庫で保管すること

シアバター
ホホバオイル
フランキンセンス
ネロリ

 10g
 10ml
 1滴
 1滴

心を静める芳香浴
フランキンセンス
ベンゾイン
サンダルウッド
お湯

 3滴
 1滴
 3滴
 少し



「あるキクヨさんの物語」

「乳香」。
そう言われれば、そういう香りだと思うじゃない?

キクヨさんは、ミルク大好き少女(元。)であった。
だから、え〜♪こんなのまであるぅ。と思って早速買ってみてしまったのである。
キクヨさんは、少し慌てモノでもあった。。。

フタを開けてすぐ「ちがう」とわかってしまったのだが、少し間をおいて、
あらためてクンクンしてみると、これはこれでわるくないかも?と思えてきた。

後日、本屋で調べてみたところ、古代エジプトの代表的な香りだとか。。。
お、スキンケアにも使えるとな?
キクヨさんは、切り替えが早かった。(さすがスピーディな方。)
「私、クレオパトラになれるかも〜〜〜♪」

・・・・・・・・・・・・。

その夜からキクヨさんのお風呂を古代風呂?に変貌させ、キクヨさんを幸せな
クレオパトラに仕立て上げた、乳の香りであった。。。


このページを終了するには、ブラウザの「閉じる×」ボタンをクリックしてください。


http://www.aromafan.com/