aromafan.comトップへ  エッセンシャルオイルトップへ

ジャスミン・アブソリュート


英名(Jasmine) 学名(jasminum officinale) モクセイ科

産地  エジプト

抽出部位  花

抽出方法  溶剤抽出法

原料グレード  Select 100%ピュアナチュラル

香りのノート  ベース

香りのタイプ  フローラル系


香りを一言で表すと・・・

甘くやさしく深〜い香り


精油の王様のお出ましです。ローズは女王様でしたが、ともに非常に高価であり、その価値も高い精油です。
800万個の花からようやく1Kgのアブソリュートがとれるそうです。
ジャスミンは夜に香りが強くなってから摘み取られるので、人件費も高くつくという事情もあり、価格が高いのですね。

でも、E−conのジャスミンはとてもリーズナブルに楽しめます
3%ホホバ」は3%濃度でホホバオイルに希釈したものです。
ジャスミンの素晴らしい香りを十分堪能でき、さらに薄めてスキンケアにも使えます。

ジャスミンは大変濃い香りというか、強い香りです。
3%でもかなりしっかりと感じられ、1%、0.5%と濃度を下げてもまだ強く感じる方もいらっしゃると思います。
例えばオイル2〜30mlに原液1滴(精油濃度0.25%〜0.16%)でも十分、と感じられる方もいるでしょう。

注意・・・妊娠中の方は使用しないでください。

通経作用があると言われています。
この働きは出産時に子宮の収縮を強め分娩を促すと言われています。
また、その素晴らしい香りが、出産の苦痛を和らげるそうです。

強力な抗うつ作用・リラックス作用があると言われています。
ストレス、産後、更年期など様々な理由からくる抑うつ・不安・自信喪失などで沈んだ心を励まし、新たな自信を
もたせ
、安定をもたらしてくれるそうです。
その心をときほぐす働きは催淫作用があると言われていることにも、つながっているようです。

また、できるだけ希釈し、軽く香らせた場合の方が、心への働きかけは強くなります。
強すぎる香りは、逆に居心地をわるくしてしまいます。

鎮痙作用もあると言われています。気管支の痙攣を緩和するそうで、セキ、声枯れに使用されることもあります。

スキンケアでは、老化・乾燥・敏感肌によいと言われています。
適度な濃度でこそ喜びを感じる香りですので、注意して少しだけ使うようにしてください。
また、溶剤抽出であるため、痕跡程度の溶剤が残っているとも考えられます。敏感肌の方はまずパッチテトを!


注意2・・・多くの文献で、ジャスミンは出産後には母乳の出を良くすると言われてきました。
        現在でも、多くの精油プロフィールにはそう書かれています。
        ところが、近年のリサーチで、まったく逆の実験結果が出たとの報告がありました。
        母乳の出を抑制するのだとか。
        でも、母乳の出がよくなるとは、長い間信じられてきたこと。。。どちらが正しいのかは妊娠経験のない
        店主には確認することはできませんので、この点においては、特に自己責任にてお願いいたします。
        (母乳の出をよくする精油としては、レモングラスもあります。)


●店主配信のメルマガでジャスミンが取り上げられているものの一部です。
 よろしければ参考になさってくださいね〜。
 ジャスミン1         10


ジャスミン・アブソリュート2ml 7300円 

ジャスミン3%ホホバ5ml 1720円 

ブレンドすると良く合いそうな精油達

ベルガモット 
カンキツ系の中でも優雅な印象の強いベルガモット。
二つの香りがその価値を高め合いますよ。

ローズ
王様と女王様。
これ以上ない贅沢な芳香の組み合わせです。
経験した人あんまりいないかも・・・?
ささやかな大富豪気分を味わってください。(^^)

サンダルウッド 
落ち着いた香りになります。
スキンケアにも良い組み合わせですよ。

その他
フランキンセンス・メリッサ・ゼラニウムなど。
色々組み合わせて、贅沢な遊びを楽しんで
ください。


例えばこんなレシピで

贅沢ボディローション 
  

ジャスミンウォーター
無水エタノール
グリセリン
ジャスミン・アブソリュート
サンダルウッド

 95cc
 5cc
 少々
 1滴
 2滴

王様と女王様のトリートメント 
マカダミアオイル
ジャスミン3%ホホバ
ローズダマスク3%ホホバ
(1mlは製品の5分の1量です)
 8ml
 1ml
 1ml
カンタン香油
(精油濃度約4%強)

部分的にお使いくださいね。

ホホバオイル
ジャスミン3%ホホバオイル
(2.5mlは製品の半分量です)
サンダルウッド          
ベルガモットFCF      

5ml
2.5ml
2滴
3滴


「あるレイカさんの物語」

彼女は孤高の人であった。。。
美しく、気高く、近寄りがたい程美しいその姿は、皆の憧れ。。。

しかし、目標とされるほどの人は孤独である。
弱音など誰にも吐けない。吐いてはならない。。。

彼女にはバラがよく似合う。
いつも背景に背負っているようなイメージであった。

基本的に他人が自分に対してもつイメージを壊すことのないレイカさんであった
が、ひとつだけ譲れないことがあった。

彼女は「バラ派」ではないのだ。

レイカさんの気高い孤独を癒すのは、いつも彼女とともにある高貴な香りであった。
その名は「王(キング)」。
その香りに包まれると、また新たな闘志と自信がみなぎる、実は内面は男らしい
レイカさんであった。。。


このページを終了するには、ブラウザの「閉じる×」ボタンをクリックしてください。

http://www.aromafan.com/