aromafan.comトップへ  エッセンシャルオイルトップへ

ジュニパーベリー


英名(Juniper Berry) 学名(juniperus communis) ヒノキ科


産地  ヒマラヤ山脈

抽出部位  果実のみ

抽出方法  水蒸気蒸留法

原料グレード   Wild Harvested 野生、100%ピュアナチュラル


香りのノート  ミドル

香りのタイプ  ウッディー系


香りを一言で表すと・・・

すっきりスモーキーな香り



「浄化」という視点から、ファーストチョイスされる精油です。
ジンという洋酒の香りづけにされている果実というと、なんとなくわかる方もいらっしゃるでしょうか。
個性的な香りですが、希釈したりブレンドすることで様々な表情を見せてくれる、ワクワクする精油です。

注意・・・妊娠中のトリートメントへの使用は避けてください。腎臓の悪い方は使用を控えてください。

冷え性さんにおすすめです。
利尿作用があると言われています。体内に滞留した余分な水分、老廃物質を洗い流し、それらが原因となって
起こる不調を改善するそうです。
余分な水分(湿気)を取り除くことは、冷えの改善につながると考えられます。

また、老廃物質を流すことで筋肉痛や肩こり等の予防も期待できます。
鎮痛、抗炎症作用もあると言われているので、その働きのある他の精油とブレンドして相乗効果を期待する
使い方もあります。

殺菌・抗菌作用があると言われています。19世紀フランスの病院では、天然痘が広がるのを防ぐために、
ジュニパーを焚いていたそうです。

この二つの働きから、この精油の大きな特徴は解毒作用であると考えられています。
膀胱炎になってつらい時などは、まず病院に行った上で、この精油の力を借りてみるといいかもしれません。

空気を浄化する目的で芳香浴、ルームコロンなどで使用すると、深い森を歩いているようなさわやかなリフレッシュ
感を望めます。
心の中にある捨て去るべきものが、すっきりと洗い流される感じです。
いわゆる邪気をかぶりやすい方にも、いいかもしれませんね。

月経周期を正常化する働きもあるとも言われています。
様々な精油がこの働きをもつとされますが、同じものを使い続けると「慣れ」が生じてあまり良くないこともあります。
時には変化をもたせて。

収れん作用もあると言われます。オイリー肌のスキンケアには、よい選択肢の一つです。
ウッディーな香りは男性にも好まれます。


●店主配信のメルマガでジュニパーベリーが取り上げられているものの一部です。
 よろしければ参考になさってくださいね〜。
 ジュニパーベリー1      


ジュニパーベリー5ml 1560円 

ブレンドすると良く合いそうな精油達


ローズマリー
19世紀フランスの病院ではこちらも使われていました。
すっきりとした香りも、その作用も、とても相性が良く、
スキンケアにも芳香浴にもお試しいただきたいです。

レモン
やや渋いジュニパーベリーの香りに爽やかな香り。
印象が軽やかになりますよ。

ベンゾイン
(50%ホーリーフ)

E−conのベンゾインは、ホーリーフという精油で希釈
されている面白い精油です。
3者がうまく調和して楽しめます。
ベンゾインをやや多めにするのがポイント。

その他
サイプレス・ラベンサラ・クラリセージ・ライムなど
他にも、意外な発見を求めてチャレンジしてください。


例えばこんなレシピで


空気すっきり森林の芳香浴   
 ジュニパー
 サイプレス
 ユーカリ
 お湯

 3滴
 2滴
 1滴
 少し

足の太さが朝と違う・・・
疲れた足をトリートメント

(濃度2%)
 
 ボディマッサージブレンド
 ジュニパー
 グレープフルーツ
 ローズマリーシネオル

 20cc
 4滴
 2滴
 2滴

オイリー肌のスキンローション 
(よく振って使ってね)
 
 ローズマリーウォーター
 無水エタノール
 ジュニパー
 レモングラス

 95cc
 5cc
 1滴
 1滴



「あるイサコさんの物語」


「なんだかとっても、イヤな感じがする。。。」

敬意と愛情を込めて「イタコちゃん」と呼ばれるイサコさんは、とても敏感な
人であった。

ちょっと人には見えないものが見えちゃったりして。。。
「シックスセンス」を見た時には、主人公の男の子に同情して泣いた。

なにが原因なのかはわからないが、どうも空気がスッキリしない。。。
みんなは、別に気にならないようだ。

あまり騒ぎ立てるのもよろしくないので、さり気なく引き出しからルームコロン
を出して、周りにスプレーした。

「あら♪いい匂〜い。イタコちゃん、またなんかいるの?」
・・・ばればれである。。。

「う、ううん。。。ちょっと風邪も流行ってるしね、いいかなぁって」

とりあえず、実に爽やかな香りが辺りを包み、イサコさんもようやくホッと一息
つくことができた。。。


このページを終了するには、ブラウザの「閉じる×」ボタンをクリックしてください。

http://www.aromafan.com/