aromafan.comトップへ  エッセンシャルオイルトップへ

マンダリン


英名(Mandarin) 学名(citrus reticulata) ミカン科


産地  イタリア
抽出部位  果皮

抽出方法  冷圧搾法

原料グレード   Select  100%ピュアナチュラル 


香りのノート  トップ

香りのタイプ  カンキツ系


香りを一言で表すと・・・


甘く爽やか、ちょっぴりすっぱい感じがお茶目なみかんの香り




いわゆる、「みかん」、あるいは「ぽんかん」の香り♪
日本人にも親しみやすく、作用も穏やかなので、妊婦さまからお子さままで、
広く愛される精油です。

カンキツ系同士でブレンドしても、ちょっと違うニュアンスが生まれて楽しいですよ。
芳香浴にもトリートメントにもお役立ち。
心をあたため、明るい幸福感をもたらす香りです。

注意・・・カンキツ系の精油には、ほとんどすべてに光毒性(光感作性)
あります。
マンダリンにも、ごく弱い光毒性がありますので、日中は肌に使用しない方が
無難です。(それほど大きな心配はありませんけど)


消化促進作用があると言われています。
ちょっとしたストレスで食欲がない時にも、リラックス作用と励ましてくれるような
明るい香りに、食欲が出てきますよ。
ほんのり酸味のある香りが、食欲を刺激してくれるようです。
小さいお子さまの胃の不調には、カモミールローマンとブレンドしてもいいですね。

眠れない夜にはラベンダーやオレンジ・スウィート、そしてマンダリンも。
安眠アロマの選択肢にぜひ加えてください。

リンパの流れを良くし、利尿作用もあると言われます。
これはぜひトリートメントで、セリュライトやむくみ対策に使いたいですね。

お子さまの好む香りです。芳香浴やリラックストリートメントに。
ちいさいお子さまにだって、ストレスはありますから。。。

妊婦さまにも優しい精油です。
妊娠中でも安心して使えるうえ、妊娠線予防のトリートメントに使われる精油と
しても定評があります。
こちらも妊娠線予防精油であるネロリとは、ブレンドしてもよく合いますよ♪

また、皮膚を柔らかくする働きがあると言われていることから、肌がゴワつく時
のフェイストリートメントなどにも。この場合、念のため夜専用にしましょう。

子供にも妊婦さまにも良い、ということは、お年寄りや、体の弱っている方にも
安心して使っていただける、ということです。
心も体も優しく元気づけてくれる精油なのですね。

みんなが大好きな、明るい太陽のような香り。。。
生き生きとした活力を出したい時に、ぜひ選んでみてくださいね。


マンダリン5ml 1290円 


ブレンドするとよく合いそうな精油達


ベルガモット  リラックスさせながら元気づけることもできる精油同士。
ちょっぴり違うニュアンスが加わって、さらに奥深い香りが
楽しめます

カモミールローマン   ほんのりとした優しさは、お子さまも大好き♪
とりわけ小さなお子様のためのブレンドにオススメします。
リラックス目的以外に、お腹の不調時のケアにも。

ネロリ これは、ビターオレンジの花の精油です。
妊娠線予防トリートメントにはもちろん、リラックス用の
トリートメントブレンドとしてもオススメ。

その他 ローズウッド・グレープフルーツ・ジュニパーベリーなど。
カンキツ系って、いろんなコに合いますから、ほんとに便利♪


例えばこんなレシピで

むくみ解消(利尿)トリートメント
(濃度2%)
マカダミアオイル
マンダリン
ジュニパーベリー

20ml
 5滴 
 3滴


妊娠線予防トリートメント
(濃度1%)
スウィートアーモンドオイル
マンダリン
ネロリ

 20ml
 2滴 
 2滴



「あるヤスミンちゃんのひとりごと。」

「さ、今回の新規取り扱い品は、マンダリン、ということで。。。」

と、あるアロマテラピーショップ店主ヤスミンは、準備にいそしんでいた。

そんな準備の合間にも、部屋中に、ほのほのと香るマンダリンのかほり♪

「あ〜、この香り、お腹すいてきちゃうから、あとでおせんべ食べて紅茶飲もっと」

それは、いまひとつ合わないのではないかと、うっすら感じつつも、ふと心に
浮かぶ、まったく別の1つの疑問。

「マンダリンの由来って、昔の中国の清朝の高級官僚が、上司(?)への捧げ物
として送った果実だった、ってことで、この官僚の名前であるところのマンダリン
からきてるのよねぇ。」

  うん、うん。

「それじゃ〜、 マ・ンダリンなのか、 マン・ダリンなのか、 マンダ・リン
なのか、どれだったんだろ〜?」



いつも、どーでもいいことに引っ掛かって、なかなかお仕事が進まない、店主
ヤスミンちゃんなのでした。。。



このページを終了するには、ブラウザの「閉じる×」ボタンをクリックしてください。

http://www.aromafan.com/