aromafan.comトップへ  エッセンシャルオイルトップへ

メリッサ


英名(Melissa) 学名(melissa officinailis) シソ科


産地  フランス

抽出部位  葉

抽出方法  水蒸気蒸留法

原料グレード  Organic 100%ピュアナチュラル 
 有機栽培


香りのノート  ミドル

香りのタイプ  シトラス系


香りを一言で表すと・・・

レモンの香りをさらに深く熟成させたような香り

この香りに初めて接した時は感動しました・・・。(店主、談)

高価な精油のひとつですが、この植物に含まれる油溶性の成分が非常に
少ないため、膨大な量の原料からほんの少ししか、精油がとれないから
だそうです。
別名「レモンバーム」とも言います。
メリッサ3%ホホバ入り」は、ホホバオイルに3%濃度で希釈したものです。
メリッサパワーをお試しくださいね。

注意・・・妊娠中の方は使用しないでください。敏感肌の方も注意が必要
です。低濃度の使用(1%以下)で、パッチテスト必須です。


鎮静作用があると言われています。これは心へも体へも働きかける
そうです。

抗アレルギー作用もあると言われていることから、皮膚や呼吸器系の
アレルギー反応に対して利用されるようです。過剰な反応を落ち着かせて
くれるのかもしれません。
使用する時は常に低濃度(1%以下)で利用するようにしてください。

循環器系を鎮静し、高い血圧を下げ動悸を静めると言われています。
そのため、恐怖やショック、パニック、ヒステリーなどの興奮状態を鎮める
のに利用される重要な精油です。

ストレスや神経過敏状態から起こる悲しみや不安、抑うつ、不眠に対しても
同じように利用されます。
ただ落ち着かせるだけでなく、精神のバランスをとることで、励まし、元気づけ
てくれるパワーがあります。
これら上記の作用が、最も大切なメリッサの利用法だそうです。


その他には、月経周期を正常化するとも言われています。
ホルモンバランスを調整することで、月経痛などにも利用されるようです。

また、肝臓刺激作用があると言われ、胆のうを助け胆汁を分泌させると
言われています。

オイリー肌、ニキビのスキンケアに使用されることもあるようです。


●店主配信のメルマガでメリッサが取り上げられているものの一部です。
 よろしければ参考になさってくださいね〜。
 メリッサ1       

ブレンドすると良く合いそうな精油達

ベルガモット  合わないわけないですね。
心を落ち着かせたい時に、ぜひ芳香浴で。

カモミールローマン  抗アレルギーつながり。香りも良く合います。
肌に使用する時は、気をつけて低濃度で。
必ずパッチテストを。

ローズ・アブソリュート  大人の女の贅沢な芳香浴に。
心に届く香りのパワーを感じてください。

その他 ジャスミン・ネロリ・ラベンダーなど。
贅沢なカップリングが合いますね。
価格だけの価値はあります。ぜひお試しを。


例えばこんなレシピで

アトピっ子ローション
(パッチテスト必須!)
 
カモミールローマンウォーター
無水エタノール
グリセリン
メリッサ

 125cc
 7cc
 少々
 1滴


芳香浴を兼ねて・・・
フェイスマッサージ 
(脂性肌向き、濃度1%)
 
ローズヒップオイル
メリッサ
ラベンダー

 10cc
 1滴
 1滴



「ある店主の物語」

あれ?店主、ペパーミントにも登場してたじゃない?

「いいのです。この精油はわたくしのもの。。。
誰にも渡さない。。。」

そんなこと言って、ショップ店主のくせに。

「ふふふ。。。この精油のパワーをもってすれば不可能なことはなにもない!
私が世界を独り占めに!!」

やれやれ、まるでロード・オブ・ザ・リングじゃないの。。。
さ、早く手放してちゃんと売らなくちゃ。

「いやだ〜〜〜、これだけは私のもの〜〜〜〜!売りたくない〜〜〜」

あ、3%ホホバ入りが出たので、よろしければこちらを。。。


このページを終了するには、ブラウザの「閉じる×」ボタンをクリックしてください。

http://www.aromafan.com/