カモミール・ジャーマン


英名(German Chamomile) 学名(matricaria recutita) キク科

産地  フランス(ローマン)

 
クロアチア(ジャーマン)
抽出部位  花

抽出方法  水蒸気蒸留法

原料グレード   Select 100%ピュアナチュラル(ローマン)

 
Traditional 100%ピュアナチュラル
 有機栽培

 (ジャーマン)

香りのノート  ミドル

香りのタイプ  フローラル系


香りを一言で表すと・・・


草原を吹き渡るりんごのような香り(ローマン)

甘さを含んだ草原の香り(ジャーマン)


カモミールはお庭で隣り合った植物を感染症からまもったりする、植物のお医者さん
だそうです。
この話を知って、気立ての良い植物なんだなーと、ますます好きになりました。
しかも、踏まれても立ち直る強さもあるそうです。強くてやさしいって素敵ですよね。

カモミールローマン、ジャーマン、ともに、働きの点ではよく似ています。

●カモミール・ローマンはリラックスに向いていると言われ、香りも好まれやすい
ので、芳香浴にはこちらが選択されるようです。小さなお子さまにも最適ですよ。

消化器系のトラブルに良いと言われています。
ストレスが原因で起こることの多い胃腸の不調には、とくにやさしく働きかける
でしょう。

内分泌系、生殖器系への作用として、生理前症候群の心理的、身体的不快感、
生理痛をやわらげてくれると言われています。
生理周期のバランス作用も期待できるとか。

穏やかな抑うつ作用で、不安やイライラをなぐさめてくれると言われています。
眠れない夜に力を借りてみてはいかがでしょうか?

カモミールローマンは、スキンケアにもよく使われる精油です。
穏やかな鎮静・抗炎症作用があると言われています。
(抗炎症作用はジャーマンの方が強いとされています。)
また、抗アレルギー作用もあると言われていますので、敏感肌をやさしくいたわって
くれるでしょう。


●カモミール・ジャーマンの特徴は、蒸留時に化学反応によってカマズレンという
成分が生まれ、鮮やかなブルーをしていることです。

このカマズレンは抗炎症作用が強いと言われていますので、ジャーマンは主に
この作用に期待したスキンケアで使用されます。
抗ヒスタミン作用もあると言われ、皮膚のかゆみを緩和し、皮膚の再生を促す事が
期待されます。

また、リンパ系にも作用すると言われ、慢性化した感染症・偏頭痛にも利用される
そうです。
(上記の消化器系、内分泌系、等へのローマンの特徴も、ジャーマンは併せもって
います。
お腹をこわしたピーターラビットが飲んでいたのはカモミールジャーマンのお茶です^^)


それぞれ「カモミールローマン3%ホホバ」「カモミールジャーマン3%ホホバ
があります。スキンケアにも、さらに薄めて利用できますので、まずはこちらで試さ
れてもよいのではないでしょうか。

注意・・・ごく妊娠初期の場合はトリートメントへの使用は避けた方がよいと言われる
こともあります。



●店主配信のメルマガでカモミールローマンが取り上げられているものの一部です。
 よろしければ参考になさってくださいね〜。
 カモミールローマン1      

●店主配信のメルマガでカモミールジャーマンが取り上げられているものの一部です。
 よろしければ参考になさってくださいね〜。
 カモミールジャーマン1  

カモミールローマン2ml 3160円
カモミールローマン3%ホホバ5ml 1290円 
カモミールジャーマン2ml 3860円 
カモミールジャーマン3%ホホバ5ml 1430円 

ブレンドするとよく合いそうな精油達

ラベンダー   心を静めてくれる素晴らしい組み合わせ。
芳香浴に、バスオイルに、スキンケアにと大活躍。

ゼラニウム 女性の様々な不調にやさしく働きかける組み合わせ。
フローラルな香りを、さらに盛り上げてくれます。

クラリセージ こちらも女性にやさしい組み合わせ。
あんまり甘い香りは苦手、という方はこちらをオススメ。

その他 イランイラン・ローズ・ジャスミンなど、重くて甘い香りにも
やさしいトーンを与えてくれます。

ジャーマンには  ネロリ・マヌカ・パルマローザ・ローズウッドなど。
敏感肌のスキンケアに良い組み合わせです。


例えばこんなレシピで

女の子の一週間を快適に
(トリートメントオイル)

(濃度1.5%)
 ボディマッサージブレンド
 カモミールローマン
 クラリセージ
 ベルガモット

 10cc
 1滴
 1滴
 1滴


アトピっ子スキンケア
(かゆかゆ敏感肌)

(濃度約0.5%)


(パッチテストはしてくださいね)
 ボリジオイル
 カモミールジャーマン
 マヌカ
 ティートリー

 30cc
 1滴
 1滴
 1滴



「ある赤ちゃんの物語」

赤ちゃんが泣いている。
ひたすら泣いている。

自分でも、どうして泣いているのかわからない。
でも、泣きたい。
ただ、泣きたくて泣きたくて泣いている。

「どうして泣いてるの?」って聞かれても、まだ赤ちゃんだから
言えませんよぉ。。。


そんな、この世の終わりのように号泣している赤ちゃんの鼻先に、
突然りんごのようなりんごでないような。。。香りが。
どのみち、赤ちゃんにりんごがなにものかはわからないのですが。

ただ、なんかいいきもちなの。。。
なんか、ねむたくなってきたの。。。もう泣くのやめようかなぁ?


aromafan.comトップへ  エッセンシャルオイルトップへ

このページを終了するには、ブラウザの「閉じる×」ボタンをクリックしてください。

http://www.aromafan.com/