aromafan.comトップへ  エッセンシャルオイルトップへ

ローズ


  ローズダマスク    英名(Rose) 学名(rosa damascena) バラ科

ローズアブソリュート
 英名(Rose) 学名(rosa centifolia) バラ


産地  ローズダマスク・・・ブルガリア
 ローズアブソリュート・・・ロシア


抽出部位  花

抽出方法  ローズダマスク・・・水蒸気蒸留法
 ローズアブソリュート・・・溶剤抽出法

原料グレード  Select 100%ピュアナチュラル

香りのノート  ベース

香りのタイプ  フローラル系


香りを一言で表すと・・・

百万本のバラに囲まれたような香り

精油の女王さま、それが「ローズ」。
この精油は少量の精油を得るために、非常にたくさんの花びらを必要とし
ます。
精油とは、大きな大きな花束を小瓶に詰めたようなものなのですね。
高価なのはそのため。しかしそれだけの価値はあります

ローズダマスク3%ホホバ」は、ホホバオイルに3%濃度で希釈したもの
です。素晴らしいローズの世界を垣間見る為にご利用ください。さらに薄め
てスキンケアにもご利用いただけます。
3%濃度でも、十二分に薔薇の魅力は堪能できますよ!
(ただ、アロマポットで焚くなどの方法での芳香浴には向きません)

注意・・・妊娠中の方は使用しないでください。

ホルモン分泌を調整する作用があると言われています。月経周期の調整
月経前症候群、月経痛、また更年期の不快な状態を和らげる目的でも使用
されるそうです。多量月経を減らすとも。

血液を浄化し、肝臓を強壮し、免疫力をUPさせるとも言われます。
二日酔いのケアにも良いとか。

女性の心に最もやさしい精油でもあります。ゴージャスな甘い香りは
パワフルな抗うつ作用があると言われています。日々の暮らしに疲れた
心をいたわり、励まし、ストレスからくる不快な頭痛、不眠、また孤独感、
失恋の痛手などにも使われるそうです。

ローズダマスクの心への働きかけ方は、優しく抱きしめながら、心を引き上げ
てくれるようですが、香りがさらに濃厚なローズ・アブソリュートは、女性の内面
の強さにも働きかけて障害を乗り越える力を与えるように働きかけてくれます。

さらに、あなたが女性であること、すなわちあなたの中の女性性を再発見
させ、それを大切にする気持ちを思い出させてくれるでしょう。
これは、催淫作用があると言われていることとも、結びついているかもしれ
ません。

肌にもやさしい精油です。すべての肌タイプに使うことができます。
とくに良いのは、成熟・乾燥・敏感肌でしょうか。

水溶性成分の溶け込んだローズウォーター(芳香蒸留水)は、それ自体
素晴らしい芳香をもちます。併せて使用すれば、とても豪華な化粧水を
作ることができるでしょう。


ローズダマスク、ローズアブソリュートは働きはとてもよく似ています。
ただ、アブソリュートには痕跡程度の溶剤が残っていることが考えられます
ので、スキンケアにはローズダマスクを、芳香浴には香りで上回る
アブソリュートを使用されるのがよいでしょう。

心への働きかけの点でも、微妙な違いがあるので、比べて楽しんでみてくだ
さいね。


●店主配信のメルマガでローズが取り上げられているものの一部です。
 よろしければ参考になさってくださいね〜。
 ローズ1     


ローズ・アブソリュート2ml 6030円 

ローズダマスク2ml 12930円 

ローズ3%ホホバ5ml 2010円 

ブレンドすると良く合いそうな精油達

ネロリ  すっごく贅沢ですが、ウォーター同士でも相性がよい
ので、成熟肌のスキンケアにはぜひお試しいただき
たいですね。

ベルガモット  高貴で豪華な組み合わせ。
心を温めバランスを取り戻す香りです。芳香浴で。

クラリセージ タイプの違う香りでありながら、やさしく包み込ま
れる感じになります。
深いリラックスを得られます。お休み前の芳香浴に。

その他 ラベンダー・フランキンセンス・ゼラニウムなど。
スキンケアの素敵なアレンジもたくさん出来ますよ。


例えばこんなレシピで

成熟肌のフローラル化粧水 ローズウォーター
無水エタノール
グリセリン
フランキンセンス
ネロリ

 95cc
 5cc
 少々
 1滴
 1滴


日常を離れて・・・
贅沢ボディトリートメント 
(濃度1%)
ボディマッサージブレンド
ローズダマスク
ネロリ
ベルガモットFCF

 20cc
 1滴
 1滴
 2滴



「ある女王様の物語」

「ねぇねぇ、今日、街で占いしてもらったら、私って、女王様タイプなんだって♪」

「でね、どんなにわがままを言っても、なぜか許されちゃうんだって。
これって、やっぱり人徳があるってことよねぇ♪」

「女王様にぴったり〜って、思ったから、バラの精油も買っちゃったのー。ちょっとお高
かったけど、いいでしょ?」

「うふ、なんか気分がいいから、今日はゴハン作らなくてもいいかなぁ?パパのおこづかい
でゴチソウしてくれる?」


・・・「おとーさん、ママって、ある意味女王様だけど、正確に言うと暴君。。。」

息子の口をそっと手で押さえる心得た夫は、せめてそのバラの精油とやらよ、暴君な妻
の心をマイルドにしてくれたまえ、と祈るのであった。。。


・・・「え〜〜〜〜〜。。。。。」(by ローズ)


このページを終了するには、ブラウザの「閉じる×」ボタンをクリックしてください。

http://www.aromafan.com/