aromafan.comトップへ  エッセンシャルオイルトップへ

ティートリー

英名(Tea tree) 学名(melaleuca alternifolia) フトモモ科


産地  オーストラリア

抽出部位  葉

抽出方法  水蒸気蒸留法

原料グレード  Organic(有機栽培)  

100%ピュアナチュラル

香りのノート  トップ

香りのタイプ  ウッディー系


香りを一言で表すと・・・

ひんやりすっきりウッディーな香り

「ティートリー」と言っても、「お茶の木」というわけではありません。(^^;

免疫系を刺激し、抗感染作用が期待できる
ので、風邪やインフルエンザ、
花粉症
の季節に大活躍
予防はもちろん、病後に気力・体力を復活させたい時にも。

抗菌・抗真菌・抗ウィルスと3拍子そろった働きをもつと言われる精油です。
アロマテラピーの世界で最も強力な殺菌・消炎作用をもつと言われ、さらに
上記の通り免疫系を直接刺激する作用もあるそうです。

そのため細菌・真菌・ウィルスなどに身体がさらされた時に、私たちを助け、
自然治癒に導いてくれるのでしょう。


風邪の季節には、うがい・手洗いに加えて、蒸気吸入もしたいところですね。
うがいでは殺菌しきれない肺の奥まで蒸気や香りは届きます。

肌への刺激はとても少ないそうです。
(傷や水虫、ニキビなど、部分的には原液塗布しても大丈夫と言われています)
ごく低い濃度でなら小さいお子さまにも使えます。
もちろん、敏感肌の方は常にパッチテストが必要ですよ。

すっきりとした香りは、やる気が出ない時や落ち込んでいる時に、「喝」
与えてくれるでしょう。心の邪気も払うのかもしれません。

逆に、頭を使い過ぎて煮詰まり、「熱く」なっている状態はクールダウンさせて
落ち着かせてくれます。また、気持ちばかり焦って行動できない時にも。

ヘアケア・オーラルケアにもよく使用されるそうです。
フケや脂っぽい頭皮で悩んでいる時は、無香料のシャンプーに少し加えてみても
よいと思います。

また、うっ滞を除去する作用もあると言われ、足の疲れやむくみを緩和するとも
言われています。

スキンケアにおいては、殺菌・消毒作用の特性から、ニキピ肌さんのローション
やクリームに加えても。
また、虫さされの後すぐにつけると治りが早いと言われています。


それにしても、本当に調和のとれた働きを持つ素晴らしい精油です。
オーストラリアの代表的な植物であるティートリーは、オーストラリアの原住民
アボリジニの人々によって、何世紀もの間使われてきたそうです。
遠い南の島の先人の知恵に感謝ですね。

ラベンダーとともに、1本あるととても便利な精油です。

●店主配信のメルマガでティートリーが取り上げられているものの一部です。
 よろしければ参考になさってくださいね〜。
 ティートリー1    


ティートリー10ml 2440円 

ブレンドすると良く合いそうな精油達

ラベンダー  それぞれのもつ作用を高め合ってくれます。
ティートリーのややそっけないクスリっぽい香りに
フローラルなやさしさを添えてくれます。

ジュニパー ウッディーな香りがケンカすることなく、まとまります。
ジュニパーの解毒・利尿作用も自然治癒力を高める
助けとして期待できるかもしれません。

ラベンサラ ローズマリーにやさしさを加えたような香りをもちます。
作用の点でも共通するところがあります。

その他 ユーカリ・サイプレス・レモン・ローズマリーなど。
ついつい長期間使ってしまう精油なので、変化をもた
せることは大切ですし、必要です。


例えばこんなレシピで

通勤・通学などの外出前に
ハンカチにたらしてから出かけましょう。
吸い込んだ空気を浄化して、頭もすっきり! 
ハンカチ
ティートリー
ローズマリー

 1枚
 1滴
 1滴


ただいま〜の後は蒸気吸入
ティートリー
ラベンダー
ユーカリラディアタ
お湯

 1滴
 1滴
 1滴
 少し



「あるミチコさんの物語」

ミチコさんは、ある不調に悩まされていた。

春になると、訪れる「招かれざる客」である。
できることなら、「もう来ないでください」と言いたい。
でも、この方はとても律儀に毎年訪れるのであった。。。

病院にも行った。
マスクも買った。
ハーブティーも飲んでいる。

あとは。。。?

今年は、小耳にはさんだものを使ってみようと思った。
「お茶の木ぃ?」
(ミチコさん、ちがいます。)

なんでもいい、お客さんがおとなしくなってくれるのならば。
ミチコは、フタを開けて鼻を近づけてみた。

「すぅ〜〜〜〜〜っ」
ちょっとクスリっぽい香り。でもなんかクセになりそう。。。


この春、ミチコに最も愛されるグッズとなった「お茶の木」
であった。(ミチコさん、ちがいます。)


aromafan.comトップへ  エッセンシャルオイルトップへ

このページを終了するには、ブラウザの「閉じる×」ボタンをクリックしてください。

http://www.aromafan.com/