aromafan.comトップへ  エッセンシャルオイルトップへ

ティートリー・スウィート

英名(Teatree sweet) 学名(Melaleuca ericifolia ) フトモモ科


産地  オーストラリア

抽出部位  葉

抽出方法  水蒸気蒸留法

原料グレード  Wild Harvested 野生 100%ピュアナチュラル

香りのノート  トップ

香りのタイプ  ウッディー系


香りを一言で表すと・・・

ほんのり甘くフローラル、それでいてクリアな香り


ティートリー・スウィートは、オーストラリアのニューサウスウェールズ北部に自然に
生育している植物の葉から得られます。(もちろん甘茶の木ではありません。)

新しい品種なので、正式な名称もありません。
「ティートリー・スウィート」というのはE−Conが付けた名前なのですが、この香りに
接したら、「なるほど!スウィートね♪」と納得されると思いますよ。

あの大人気精油「ローズウッド」にかなり近い印象です♪

「ティートリー」という名前は付いていますし、同じフトモモ科でもありますが、その
成分組成にはかなり違いがみられます。

「ティートリー」は、広範囲の抗菌・抗真菌作用、殺菌消毒作用を持つのが特徴です
が、ティートリー・スウィートの特徴は、リナロールと1.8シネオールが豊富なところ。
この2つは、いっしょになると抗ウィルス特性が大変高まります。
(ユーカリ・ラディアタの中にも見られる相乗効果です。)

ティートリーに比べれば、とても甘く優しい香りだからといって、それだけではない
んですね。。。

というわけで、風邪やインフルエンザの季節には特にお役に立てる精油です。
1.8シネオールがティートリーよりもずっと高い割合で含まれていることから、特に
去痰作用や粘液溶解作用が期待でき、鼻や気管支の不調に向いています。

また、「ティートリー」の方の香りは、ややクスリ的なすっきりとした感じで、リラックスと
いうよりは、リフレッシュしたい時に選びたい香りなのですが、この「スウィート」の方は
豊富なリナロールのおかげで、リラックス作用も非常に高い香りです。

風邪気味の時や、風邪をひいて寝込んでいる時、ウィルスと戦うお手伝いとなりながら
も、使う人を心地良くくつろがせ、ゆっくりと休ませてくれるのです。

殺菌・消毒作用もちゃんと発揮してくれますので、日常的な芳香浴やボディトリートメント
以外にも、ニキビ肌のスキンケアにも使えます。


●店主配信のメルマガでティートリースウィートが取り上げられているものの一部です。
 よろしければ参考になさってくださいね〜。
 ティートリー・スウィート1  


ティートリー・スウィート5ml 1560円 

ブレンドすると良く合いそうな精油達

ローズウッド  こちらも鎮静作用に優れたリナロール豊富な精油。
一緒に使うことで、リラックス作用をさらに高めます。
香りも似ていることから、相性バッチリ!

シダーアトラス ウッディー系としてはまったりとした香りに、ほのかに
フローラルな甘さが心地良く一体となります。
気管支の不調時や去痰作用を期待する時にも良い
組み合わせ。心落ち着く香りでもあります。。。

ユーカリ・ラディアタ お互いの良い所を絶妙のバランスで持ち合える、
素晴らしい組み合わせ。
風邪やインフルエンザの流行る季節には、ぜひ合わ
せて使ったり、交互に使いたい2種類です。

その他 ラベンダー、ゼラニウム、ベルガモット、プチグレイン
など。他にもたくさんの精油と相性がよいので、楽しく
いろいろお試しくださいね。


例えばこんなレシピで

風邪予防&リラックスのための
ボディトリートメント(濃度約2.5%)
 
マカダミアオイル
ティートリー・スウィート
ラベンダー・トゥルー
ベルガモットFCF

20ml
 4滴
 2滴
 4滴

ただいま〜の後は蒸気吸入
高い殺菌・消毒・抗ウィルス作用に加え、
ほどよくリラックスもできる組み合わせです♪
ティートリー・スウィート
ユーカリラディアタ
ローズウッド
お湯

 1滴
 1滴
 1滴
 少し




「ある甘党さんの物語」

お菓子。。。それは甘い夢。。。♪
おやつを食べるためには、ゴハンだって減らさないといけないのよ〜。
(良いコはマネしない。。。)
という甘党さん。

甘いものさえあれば、それでしあわせ。。。♪という彼女でしたが、ある日
名前につられて見つけてしまいました。
「ティートリー・スウィート」。

あら、なんてラブリ〜な名前。
アロマテラピーにはさほど興味のなかった彼女でしたが(そんな。。。)
試しに使ってみることに。


・・・くんくん。。。あ、うん、これは。。。これでなかなか。。。しあわせ?


生まれてはじめて、甘いもの以外のしあわせを知った甘党さん。
「そっか甘茶の木ってこんな香りなんだ〜♪」

それは全然ちがいますからっ! 



このページを終了するには、ブラウザの「閉じる×」ボタンをクリックしてください。

http://www.aromafan.com/